サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全部で197台、いや実はもっと多い!? ケンメリGT-Rの総生産台数にまつわるミステリーは深まるばかり!

ここから本文です
1972年に登場した4代目スカイライン(C110型)は「ケンメリ」の愛称で幅広いユーザーに親しまれ、歴代最多の販売台数を誇る。優しさの時代を巧みに捉えたケンメリだったが、実は硬派な“GT-R”がごくわずかな数だけ生産されたことを覚えているだろうか? その総生産台数は今もって謎に包まれている・・・。

生産期間は4カ月で総生産台数は197台と言われてきたケンメリGT-R
1972年9月に発売された4代目スカイラインは、巧みな広告戦略が奏功して現在に至るまで歴代最多の販売台数(およそ64万台)を誇るシリーズ最大のヒット作だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ