サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > コルベット・レーシング、ル・マンに先駆け4台目のC8.Rシャシーを製作へ

ここから本文です

コルベット・レーシング、ル・マンに先駆け4台目のC8.Rシャシーを製作へ

コルベット・レーシング、ル・マンに先駆け4台目のC8.Rシャシーを製作へ

 コルベット・レーシングは8月に延期されたル・マン24時間レースにリソースを割くため、ロード・アメリカで行われるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第8戦から4台目のシボレー・コルベットC8.Rレースシャシーを投入する。

 チームマネージャーのマーク・モーリニによれば、プラット・アンド・ミラー社が運営するチームは、新たに4号車として使用される4台目のシャシーを8月にデビューさせるため、新車の製作に取り掛かっているという。

ル・マン5度優勝のオリバー・ギャビンが引退を発表。週末のWECスパがラストレースに

 トミー・ミルナーとニック・タンディがシェアしている現在の4号車は先週末、デトロイトで開催された2021年シーズン第4戦『シボレー・スポーツカー・クラシック』のスプリントレースにおいてGTLMクラス優勝を果たしたばかりだが、8月に行われるル・マン24時間では4月にスパ・フランコルシャンで開催されたWEC世界耐久選手権に出場して以来、ヨーロッパにとどまり続けている63号車と並んで64号車としてサルト・サーキットのグリッドに着く予定だ。

 モーリニはフランス伝統の耐久レースが8月21~22日に延期され、ル・マンのテストデーがこの1週間前に設定されたことで、チームは予想よりも早く追加のクルマを製造しなければならなくなった、と説明した。

「我々はオフシーズンにこのクルマを作る予定だった」と彼はSportscar365に語った。

「すべてが圧縮されている。ここで少し休みがあったため、たくさんのことを成し遂げることができた。多くのコンポーネントは機械加工と製造までに16週間のリードタイムを必要とするんだ」

「(新しい)ル・マンの日付が発表されてすぐに、私たちはかなり早い段階で決定を下した」

「シャーシはすでに物理的に構築されていたので、それを完全なマシンとして組み込むことにしたんだ」

 ロード・アメリカを舞台に争われるIMSAスポーツカー選手権は8月8日(日)に開催される。これはチームがサルト・サーキットに到着するちょうど3日前に設定されている。

 ル・マンのテストデーは8月15日(日)に行われるが、モーリニは「11日(水)18時までにル・マンにいなければならない」と述べた。

「我々はロード・アメリカでのレース後、必要な機材やシャシーをヨーロッパに運ばなければならない」

「通常、私たちはロンドン・ヒースロー空港に飛び、そこから空輸でクルマを運んでいる。しかし、現在はイギリスがEUから脱退したため、フランスに直行することになると考えている」

「だが、そこにも問題があり新型コロナウイルスによる渡航制限があるため、そのプロセスに約5日かかる。今あるクルマだけではそれができないんだ」

■コスト高騰のため空輸をやめ、パーツを追加購入して船便で直送する手段を検討

 モーリニによると、テストカーをその数に含めるとシャシーナンバー“No.5”となる新しい4号車は、バックアップシャシーとしてIMSAのレース後にフランスに空輸されるが、現地に到着するのはテストデーの後になるという。

 彼は現在の移動に係る問題は、プログラムの他の要素にも影響を与えていると説明した。

「以前はすべてを航空貨物で運ぶことができたが、今では空輸に掛かる費用がとても高額になっている」と同氏。

「先にパーツを買っておいて、海上輸送する方が安くなるのではないかと考えている」

「例えば、ホイールのセットを空輸する代わりに新しいホイールを購入しBBSからドイツに直接出荷してもらう、という方法だ」

「これらは我々が行った“楽しい”議論の一部だよ」

「だが、私たちにとって危険な色を示す信号は見当たらない。もちろん、ル・マンでのプログラムは以前から行ってきたことであり、我々はそれに精通している」

「フランスの規制は緩和され始めているようなので、そこに行けばファンが居て、ロジスティクスの問題があまり多くないことを願っている」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します