サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】目標の今季初勝利を達成、シリーズタイトルまでついてきた36号車TOMS。関口&坪井が秘めた思いを吐露

ここから本文です
 富士スピードウェイで行なわれた2021年スーパーGTの最終戦では、6チーム11名のドライバーにタイトルの可能性が残されたが、最終的に栄冠を手にしたのは、ポイントリーダーから16点差、ランキング5番手につけていた関口雄飛、坪井翔(36号車au TOM'S GR Supra)組だった。

 4番グリッドからスタートした36号車は、スープラ勢同士のバトルを制してトップに浮上。今季初優勝に向けて順調にレースを進めていたが、4番手にはポイントリーダーの山本尚貴(1号車STANLEY NSX-GT)がつけており、逆転王座は厳しい状況にあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ