サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボXC40にB3パワートレインを新設定。48Vハイブリッドモデルには新開発トランスミッションの7G-DCTを採用

ここから本文です

ボルボXC40にB3パワートレインを新設定。48Vハイブリッドモデルには新開発トランスミッションの7G-DCTを採用

ボルボXC40にB3パワートレインを新設定。48Vハイブリッドモデルには新開発トランスミッションの7G-DCTを採用

ボルボがプレミアムコンパクトSUVのXC40に新開発のB3パワートレインを搭載。全48Vハイブリッドモデルには高効率の新7G-DCTを設定。車両価格の一部改訂も実施

 ボルボ・カー・ジャパンは2021年11月24日、人気プレミアムコンパクトSUVのXC40に新開発のB3パワートレインを搭載し、合わせて全48Vハイブリッドモデルに高効率の7G-DCTを採用して、同日より発売した。

ボルボのクロスオーバーEV「C40リチャージ」が日本デビュー

車種展開および新車両価格は以下の通り。
XC40 B3:399万円
XC40 B3モメンタム:469万円
XC40 B4 AWDモメンタム:499万円
XC40 B4 AWD R-デザイン:539万円
XC40 B4 AWD インスクリプション:539万円
XC40リチャージ プラグインハイブリッドT5 インスクリプション エクスプレッション:599万円
XC40リチャージ プラグインハイブリッドT5 インスクリプション:649万円

 従来のB4(ベースグレード)およびB4モメンタム(FWD)に替わる新設定のB3(ベースグレード)およびB3モメンタム(FWD)は、400万円を切るエントリー価格を実現したうえで、新開発のB3パワートレインとなる48Vハイブリッドの1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボガソリンエンジン(163ps/265Nm)+モーター(10kW/40Nm)+駆動用リチウムイオンバッテリー(容量8Ah)を搭載。トランスミッションには高効率な電子制御7速ATの7G-DCTを組み合わせ、WLTCモード燃費は14.8km/リットルを実現する。また、B4パワートレインの1968cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボガソリンエンジン(197ps/300Nm)+モーター(10kW/40Nm)+駆動用リチウムイオンバッテリー(容量8Ah)にも7G-DCTを新採用し、WLTCモード燃費は14.2km/リットルを成し遂げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します