サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運行装置の保安基準や新しい車両安全対策 国交省が検討へ

ここから本文です

国土交通省は、11月26日に、車両安全対策検討会を開催して、自動運行装置の保安基準を検討する。

交通政策審議会自動車部会がまとめた「今後の車両安全対策のあり方に関する報告書」で、子ども・高齢者の事故対応や、自動走行など新技術対応などを柱に、自動車の安全対策を推進していくことが指摘された。

子ども・高齢者の事故対応に関しては、相次いで高齢運転者の交通事故が発生していることを踏まえ、2019年6月の「未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策」に基づき、安全運転サポート車(サポカーS)や、既販車への後付けの安全運転支援装置の普及策について検討することとされている。

おすすめのニュース

サイトトップへ