サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキの新型キャリイは、1.5ℓK15B-Cエンジン搭載。インドネシアの小型トラック市場の5割を握る

ここから本文です

スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社は、グローバルモデルの小型トラック 新型「キャリイ」を4月25日に発表した。

 海外向けのキャリイは1976年からインドネシアでの生産を開始して以来、高い耐久性や扱いやすさで好評を得ているスズキを代表する小型トラックだ。これまでに、インドネシアをはじめ、海外145の国・地域で累計200万台以上を販売し、農業、漁業、建設業、配送業などさまざまな業種で活躍してきた。

ランドローバー、新型ディフェンダーの開発が最終局面に!


 もちろん、日本市場の軽トラックのキャリイとは仕様が大きく異なっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン