サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 横浜ゴム、樹脂活用で50%軽量化した自動車用エアコンホースを開発 2024年から本格展開

ここから本文です
 横浜ゴムは27日、自動車用エアコンホースの大幅な軽量化に成功したと発表した。独自技術で開発したゴム・樹脂ポリマーアロイを用いて、ゴムの特性である柔軟性や耐熱性と、軽量化を両立した。従来に比べて50%の軽量化を実現する。2024年から本格的な事業展開を始め、次世代環境対応車へのシフトが進む中で車両の軽量化に向けた搭載部品への軽量化ニーズに対応する。

 エアコンホースは、ゴム製やアルミ製が主流となっているが、今回は樹脂を採用して軽量化した。ホース材料の構造は、樹脂相の中に不連続にゴム相が散らばっている海島構造を用いる。

おすすめのニュース

サイトトップへ