サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WRC】トヨタ、ハイブリッドシステム搭載の2022年新型車両は夏頃にテストか。チーム代表のラトバラも自らドライブ?

ここから本文です

 WRC(世界ラリー選手権)に参戦するTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは現在、2022年に導入されるハイブリッドシステム搭載の新規則、“ラリー1”のマシン開発を、GRヤリスをベースに進めている。

 この最新プロジェクトに関してはMスポーツも大きな期待を寄せており、ヒュンダイ・モータースポーツもヒュンダイ社が2022年以降のモータースポーツ計画を確定させていないにも関わらず、新型車両の開発に着手している。

■FIA、次世代WRCの技術規定を承認。2022年からプラグイン・ハイブリッドマシンに

 トヨタのテクニカルディレクターを務めるトム・ファウラーは、ラリー1車両の開発状況について次のようにコメントした。

おすすめのニュース

サイトトップへ