サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【強力ライバル続々登場で失速!】かつての王者エクストレイルに逆襲の一手はあるか!?

ここから本文です

【強力ライバル続々登場で失速!】かつての王者エクストレイルに逆襲の一手はあるか!?

 日産は「ジューク」が2019年12月で生産終了(現在は在庫分を販売)し、SUVラインナップが現在「エクストレイル」のみとなっている。ジュークが抜けた穴を埋めるモデルとして、2020年6月ごろに「キックス」が新規導入される予定だが、まだ先となる。

 初代、2代目とスクエアなフォルムで人気を集めたエクストレイルだが、2013年に登場した3代目では一転、モダンなエクステリアデザインへと生まれ変わった。

【5年連続 軽No.1獲得!!】絶対王者ホンダN-BOX 最大の強みは「売れてるから売れる」!??  

2015年:5万8448台
2016年:5万6151台
2017年:4万9873台
2018年:5万0304台
2019年:3万6505台

 年間の販売台数は2015年からになるが、2018年までは約5万台をコンスタントに販売していた。しかし、2019年は大きくその数を減らしている。その要因として考えられるのは、強力なライバルの出現だ。

 ミドルサイズSUVで圧倒的な支持を集めているトヨタ「RAV4」、そしてマツダ「CX-5」「CX-30」などが登場し、エクストレイルの持っていたパイが一気に奪われた。

 劣勢に陥っているエクストレイルだが、2020年に入り一部仕様向上を敢行した。先進安全装備を中心に大幅アップデートを行ったが、この改良をステップとして、再び販売台数を戻すことができるのか!? またどのようテコ入れを行うべきなのかを分析していく。

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】2020年1月の一部仕様向上で先進安全装備が進化したエクストレイルに注目!!

■強力ライバル登場で苦戦だが、日産を支える重要な屋台骨といえるモデル

「エクストレイル」は、日産にとって大切な車種だ。売れ筋カテゴリーのSUVで、発売は2013年12月だから、設計もさほど古くない。従来の常識なら、発売から6年を経過すればモデル末期車だが、今の日産は新型車の発売を滞らせている。2011年以降は1~2年に1車種だから(マイナーチェンジやグレード追加を除く)、エクストレイルは、小型/普通車ではノートやセレナに次ぐ売れ筋車種だ。

一部仕様向上されたモデルは2020年1月23日から発売された。先進安全装備に関して、あまり大々的に改良をアピールしていないが、実はかなり性能向上している

 ところが最近は、トヨタの「C-HR」や「RAV4」、マツダ「CX-5」、スバル「フォレスター」など、新型のSUVが登場してきた。これに伴ってエクストレイルは売れ行きを下げている。2019年(暦年)の登録台数は、1カ月平均で3042台だから、ハリアーと同等ながら2018年に比べると30%近く減った。2014~2018年にエクストレイルは1カ月平均で4200台以上を登録していたから、2019年は落ち込みが大きい。

 前述のように今の日産は、新型車が欠乏した結果、堅調に売れる車種はデイズ、デイズルークス、ノート、セレナ、エクストレイルに限られる。エクストレイルが下降すると、日産の国内販売に悪影響を与えてしまう。

 以上の経緯もあり、日産はエクストレイルの改良を定期的に行う。2015年にはハイブリッドを追加して、2017年には運転支援機能のプロパイロットも装着した。2019年にはハイビームアシストの全車標準装着などを行い、オーテックも用意している。

■一部仕様向上で先進安全技術が国内最高レベルに進化

 そして2020年1月に改めて改良を行い、衝突被害軽減ブレーキを進化させた。従来は単眼カメラだけをセンサーに使ったが、2020年1月の改良では、ミリ波レーダーも加えている。単眼カメラセンサーはフロントウインドー上部の内側、ミリ波レーダーセンサーは、ラジエターグリルの中央に備わる日産エンブレムの内側に装着した。

 従来から採用してきた単眼カメラは、対象物を映像で捉えるが、ミリ波レーダーは反射を利用する。そのために夜間走行における検知能力が向上した。カメラとミリ波レーダーでは検知方法が根本的に異なるため、互いの欠点を補う効果も高い。朝夕の逆光などカメラセンサーが作動しにくい状態でも、ミリ波レーダーなら検知を継続できる。

 またエクストレイルでは、ドライバーから見えにくい2台先を走る車両との車間距離や相対速度差も検知可能だ。従って早い段階でドライバーに危険を知らせたり、衝突被害軽減ブレーキを作動させられる。この機能を「前方衝突予測警報」として、エクストレイル全車に標準装着した。この機能は以前から「スカイライン」や「フーガ」に採用されているが、エクストレイルではさらに進化させている。

 そして、プロパイロットも衝突被害軽減ブレーキのユニットを使うから、今回の改良で運転支援機能も向上した。性能を総合的に高めている。

 このほかグレードによっては、新しいタイヤの採用で遮音性能も向上した。一部改良でタイヤを新規装着することは珍しい。バリエーション展開では、本革シートなどを備えたレザーエディションも加えている。3列シートの7人乗りは、従来は20Xのみだったが、改良後はLEDヘッドランプや後側方車両検知警報などを備えた20Xiでも選べるようになった。プロパイロットなどの上級装備も、20Sと20Sハイブリッドを除くと標準装着されている。

■改良により進化するも車両価格はアップ

 価格は、4WDと2Lノーマルエンジンを搭載した売れ筋になる20Xiの場合、2列シートが325万6000円、3列は332万9700円だ。3列仕様は7万3700円の上乗せだから、CR-Vの19万4700円に比べると割安になる。

 新旧の価格を主要装備の種類が増えていない20S同士で比べると、従来型と同額だ。つまりセンサーにミリ波レーダーを加えたコストはプラスされておらず、従来よりも買い得感を強めた。

 安全装備の向上、3列シート装着車の充実、売れ筋グレードにおけるプロパイロットの標準装着などは、いずれも今のニーズに応えた改良だ。従ってエクストレイルの強力なセールスポイントになり得る。売れ行きもある程度は回復するだろう。

旧型と比べると20Xi HYBRID(2WD)では、14万5200円の値上がりとなっている

■逆襲に必要なのは新たなグレード設定による選択肢

 しかし先に述べた通り、エクストレイルの1カ月平均の登録台数は、2018年までは4200台少々だったのに、2019年は3000台少々まで下がった。比率にすれば約30%の大幅減少だから、4200台前後まで戻すには、さらなるテコ入れが必要だ。

 フルモデルチェンジを行えればベストだが、2020年1月に安全装備を刷新したから、発売後6年以上を経過しながらしばらくは現行型を売り続ける。そうなるとレザーエディションに続く新しいグレードや特別仕様車が求められる。

 例えばエクストレイルに、ハイウェイスターがあってもいい。ハイウェイスターはエアロバージョンとして認知度が高いのに、ミニバンや軽自動車のみに設定されている。エクストレイルにもNISMOパフォーマンスパッケージはあるが、一種のセットオプションで、コンプリートカーではないから価格が割高だ。エクストリーマーXは悪路指向、オーテックはプレミアム感覚なので、わかりやすいエアロ仕様が欲しい。

湘南ブルーをまとい上質さを求めるユーザーをターゲットにした「AUTECH(オーテック)」。専用のSACHS製ショックアブソーバーなどを採用する

ギア感を強くした外装を採用する特別仕様車「エクストリーマーX」。このほかにもスポーティさを増すパーツのセットオプション「NISMO」が設定されている

 好調に売れる車種が豊富にあれば、性格とバリエーションを絞ることも可能だが、今の日産ではマトモに販売できる車種が限られる。そうなると少々節操に欠けても、ひとつの車種に多種多様な仕様をそろえて拡販せねばならない。

「ノート Cギア」は、SUV風で着眼点はよかったが、外観が地味で成功していない。「セレナ」や「デイズ&デイズルークス」には、もう少しSUV感覚を強めた仕様を設けていいだろう。eKクロスのような路線を検討してもらいたい。

 一方、SUVのエクストレイル、今後登場するコンパクトSUVの「キックス」には、車高を少し下げたハイウェイスターという具合だ。現時点で売れていない車種は、フルモデルチェンジをしない限り何をやっても販売は上向かないが、1カ月平均で3000台以上売れている車種はやり方次第だ。販売店の意見も汲み取り、ユーザーに喜ばれる仕様や装備を開発して欲しい。

 今の日産は、実力をまったく発揮できていない。こんなモノではないはずだ。エクストレイルは逆襲できる!!

販売を回復させたいならノートやセレナでやったように「e-POWER」仕様を追加することが一番効果的で、それは日産もわかっているはず(パワーユニットはセレナと同じものが載るだろう)。そこまでの手を打たないのは、2021年にも登場すると言われる次期型にとっておくためだろうか。その戦略もわかるが、次期型登場までに、RAV4、ライズ、C-HR、次期ハリアーとSUV市場で大攻勢を仕掛けているトヨタにマーケットと顧客を掌握されないといいのだが…(ベストカー製作の予想CG)

【画像ギャラリー】2020年1月の一部仕様向上で先進安全装備が進化したエクストレイルに注目!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します