サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:ピレリの2021年向けタイヤ開発はミケルセン&シトロエンが担当。7月中旬にイタリア走行へ

ここから本文です
 2021年からWRC世界ラリー選手権のトップカテゴリ“ラリー1”で単独タイヤサプライヤーを務めるピレリは、7月にイタリア・サルデーニャで開発テストを行うことを発表。ドライバーにアンドレアス・ミケルセンを起用し、テストではシトロエンC3 WRCを使うとアナウンスした。

 WRCでは2022年からのハイブリッドを含む新車両規定を見据え、コスト削減策として2021年からコントロールタイヤが導入され、そのサプライヤーをピレリが務める。

おすすめのニュース

サイトトップへ