サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんと「シルフィ」がひっそり消えていた! オヤジの青春「ブルーバード」の熱すぎる系譜

ここから本文です

 この記事をまとめると

■日産の顔だったブルーバードは12代も続いたクルマだった

自動車ファンを狂喜乱舞させた「これぞ技術の日産」を感じさせる歴史的名車7選

■13代目にあたるモデルは「シルフィ」と名付けられたが2021年10月に販売終了

■海外では「セントラ」や「パルサー」としてブルーバードの系統が生き残っている

 販売台数が2年以上トップだったこともある日本を代表するセダン

 2021年10月にひっそりと日産のウェブサイトから姿を消し、終売となったシルフィ。日産のミドルクラスセダンとして前身のブルーバードから60年以上続いた歴史に一旦幕を引く形となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン