サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レジェンドにオデッセイにS660! 解せない理由で販売車種を減らすホンダに感じる「危機」

ここから本文です

レジェンドにオデッセイにS660! 解せない理由で販売車種を減らすホンダに感じる「危機」

 この記事をまとめると

■ホンダは最近多くの車種の販売終了や終了した車種の復活など疑問を感じる売り方が多い

かつてのホンダは凄かった! 踏めば脳天まで痺れる「エンジンのホンダ」を感じさせる名車5選

■背景にはホンダ車全体の統合が図られていない事情があるとみられる

■改善のためにはステップワゴン・オデッセイ・シビックにもっと力を注ぐべきだと考える

 ホンダの新車販売は56%が軽自動車

 近年のホンダ車の売り方には、疑問を感じることが多い。シビックとCR-Vは、国内販売を一度終了して、その後に復活させた。しかもシビックセダンは販売を再び打ち切り、新型はハッチバックのみになる。

 狭山工場の閉鎖に伴い、オデッセイ/レジェンド/クラリティの生産を終えることも発表された。工場は商品を生産するための施設だから、商品の終了に伴って工場を閉めるなら理解できるが、その逆は筋が通らない。

 ただしオデッセイについては「ホンダ社内に販売終了に反対する意見が根強く、今後も続行する可能性がある」という話も聞かれる。オデッセイは伝統あるミニバンで、2021年1~8月の登録台数は、1カ月平均で1786台だ。売れ筋価格帯が350~450万円のクルマが、1カ月平均で約1800台売れるなら、今では堅調な部類に入る。廃止するのは惜しい商品だから、反対意見が生じるのも当然だ。

 S660の終了も不可解だ。廃止の理由は「新たな法規に対応するのが困難」というものだが、ライバル車のコペンも、衝突被害軽減ブレーキを採用していないのに販売を続けている。ダイハツの販売店では「改良や終了する話は聞いておらず、普通に購入できる」という。

 NSXも生産規模が小さいから、2021年の時点で現行型は累計2558台しか生産していない。1台当たりの価格が標準グレードの2420万円と仮定して、2021年時点の生産累計が2558台では、現行NSXの売り上げ総額は、2420万円×2558台=約619億円だ。これでは開発費と同等か、それ以下だろう。

 NSXは高性能なスポーツカーで、ハイブリッドシステムからプラットフォームまで独自に開発した。その生産台数が2558台(2022年まで生産してもあまり増えない)では、単純に考えて赤字になる。初代NSXは改良を繰り返しながら15年間にわたって生産を続け、累計台数は1万8000台に達した。現行NSXも、同様の生産をする必要があったはずだ。

 ホンダ車の生産や売り方がこのように場当たり的になる背景には、ホンダ車全体の統合が図られていない事情がある。日本国内の場合、2021年1~8月におけるホンダの新車販売状況を見ると、N-BOXがホンダ車全体の34%を占めた。N-WGNなどを含んだ軽自動車全体になると56%に達する。

 ステップワゴン・オデッセイ・シビックにもっと力を注ぐべき

 さらに軽自動車+フィット+フリード+ヴェゼルになると、国内で新車として売られたホンダ車の85%を占めてしまう。ステップワゴン、オデッセイ、シビックなどは、すべて「残りの15%」に片付けられるから、「狭山工場を閉鎖するならオデッセイも終了する」という本末転倒な判断が生じるのだ。

 こうなるとホンダのブランドイメージも変わる。幼い頃からステップワゴンやフィットで育った30歳以下の世代にとって、ホンダは「小さなクルマのメーカー」だ。このままでは「ホンダには軽自動車+フィット+フリード+ヴェゼルがあれば十分でしょう」という経営判断になりかねない。今後は電気自動車や自動運転に向けた投資がさらに高まり、車種を減らしたほうが都合が良いからだ。

 そして2021年1~8月の国内販売順位をメーカー別に見ると、1位:トヨタ、2位:スズキ、3位:ダイハツ、4位:ホンダ、5位:日産であった。ホンダが「国内市場は軽自動車とコンパクトな車種に任せれば良い」と考えたら、販売ランキング順位も4位で定着する。日産に抜かれて5位に下がるかも知れない。

 ただしそうなれば、スズキやダイハツと真っ向勝負になる。この2社は低コストの商品開発と販売に慣れているから、ホンダが太刀打ちするのは困難で、状況はさらに危うくなる。

 つまりホンダは、ステップワゴン、オデッセイ、シビックといった車種の販売にもっと力を注ぐ必要がある。そこで障壁になるのは、各市場ごとに利益を捉えるホンダの考え方だ。

 たとえばシビックは、海外向けに開発された商品だが、販売台数の少ない国内市場だけでも利益を出せる価格設定にしている。その結果、LXは319万円、EXは353万9800円という高価格車になった。これでは売れず、発売から1年も経過すれば、1カ月に1000台の販売目標も下まわる。

 シビックはダウンサイジングしたホンダのブランドイメージを奪回する役割も担う車種だから、もっと売りやすくしないとダメだ。

 ホンダ車の機能は全般的に優れている。今後は価格や販売方法を含め、総合的な商品力を向上させたい。そうなればブランドイメージや売れ行きも上向くが、もはや残された時間は少ないと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します