サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズ、F1新車発表でARアプリを活用。実物大『FW43B』が拡張現実で自宅に登場!

ここから本文です

 ウイリアムズF1チームは3月5日に、2021年シーズンを戦う新車『FW43B』を発表するが、この際に拡張現実(AR)アプリを活用し、ファンが自宅でFW43Bを”見る”ことができるようにすると明かした。

 ウイリアムズは2月の初めに新車発表日程を明らかにし、さらに先月半ばには発表に先駆けてシルバーストンでFW43Bのシェイクダウンを実施している。

■メルセデスの”F1支配”は続くのか。新車『W12』を発表、ブラックアローで8連覇を狙う

 新車発表会は5日の14時(日本時間23時)に行なわれる。世界中のファンは専用アプリを使用してFW43Bの実物大3Dモデルを自宅に投影し、新しいカラーリングを最初に堪能することができるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ