サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EVシフトを急ぐメルセデス・ベンツ、e-fuelを模索するポルシェとVW・・・ドイツの現状とは?

ここから本文です

再生可能エネルギーへの転換を急いでいるドイツ。2038年までに84基もの石炭火力発電所を停止し、より風力発電量を増やす方針を発表するなど、積極的な取り組みを進めています。

日本未導入のルノー ラグナ クーペ。フランス製クーペが持つ独特の世界観、その魅力とは?

クルマに関しても、コロナに対する経済刺激策と環境負荷低減の考え方から、電気自動車(以下EV)の低減税率や助成金が今後もかなり優遇されることになっています。



今回のドイツ現地レポは、現在EVを購入するとどのくらいの補助金がもらえるのか、税金はどのくらい軽減されるのかを解説しつつ、EVに関しての各メーカーの動向や普及の妨げになっている問題などについて紹介していきます。

おすすめのニュース

サイトトップへ