サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「角田のクラッシュは残念だが、新人はミスをするもの」とアルファタウリTD。マシンは決勝までに修理可能/F1第2戦予選

ここから本文です

 2021年F1エミリア・ロマーニャGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はクラッシュでノータイム、ピエール・ガスリーは5番手だった。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
テクニカルディレクター ジョディ・エギントン
 昨日の段階でマシンに競争力が見られ、今回持ち込んできた開発に非常に満足できていた。マシンのペースはとてもよく、ドライバーふたりともがそのポテンシャルを最大限に引き出していたと思う。

クラッシュの角田裕毅がチームに謝罪「攻めすぎてミス、大きなチャンスを失った。決勝で挽回する」/F1第2戦予選

 FP3にもその流れを持ち込むことができた。

おすすめのニュース

サイトトップへ