サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホワイト人気継続、小型車はカラフルな傾向…BASF自動車カラー分析 2019年

ここから本文です

BASFは、2019年自動車市場の世界的なカラー分布を分析した「自動車用OEM塗料カラーレポート2019」を発表した。

レポートによると、ホワイトが微減ながら約39%で今年も首位を維持。ホワイトはどの地域でも最も人気のある色だが、地域的な分布には違いも。アジア太平洋地域では2台に1台だが、北米および欧州、中東、アフリカ(EMEA)地域では3台に1台にとどまっている。

ホワイトに続いて人気があるのは、ブラック、グレー、シルバーといった無彩色だ。3色合計で39%、ホワイトと合わせると無彩色が78%を占め、人気のSUVセグメントでも同様の傾向だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン