サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車道での左幅寄せが問題化!? 「キープレフト」の勘違いで発生するトラブルとは

ここから本文です

車道での左幅寄せが問題化!? 「キープレフト」の勘違いで発生するトラブルとは

■「左側に寄せる行為」の真意とは

 かつて自動車教習所などで「キープレフト」という言葉を耳にすることがありました。最近では、この「キープレフト」という言葉が独り歩きして、クルマと自転車のトラブルに発展しているといいます。どのような問題が起こっているのでしょうか。

駐車場で隣のクルマがドアパンチ! 傷は確認できないけど、警察を呼んでもいいの?

 キープレフトとは、一般的に「道路の左側に寄って走るルール」とイメージされます。これは、道路交通法の第十八条「車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあっては道路の左側に寄って、軽車両にあっては道路の左側端に寄って、それぞれ当該道路を通行しなければならない。(一部省略)」から連想されるためです。

 また、第二十条には「車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。(一部省略)」という法令があり、これらを含めてキープレフトという言葉が根付いているようです。

 この場合、一般的なイメージとして車両通行帯という言葉の意味がややこしくしているといいます。車両通行帯とは、通行車線が複数ある場合を指すので、片側3車線や暫定2車線(対面)など車両が通行する道路があるものをいいます。そのため、田舎の一本道などに限っては上記の「左側に寄る」という行為の意味が出てくるのです。

 さらに、交差点で左折をする直前には左側へ寄せることとなっています。実際に、交差点で左折をする際、手前でクルマを道路の左側に寄せる行為があります。

 かつて、2017年にロードバイクに乗った男性がSNS上に「クルマから執拗に幅寄せをされた」という内容の文章を投稿し、大きな波紋を呼びました。

 また、2020年1月末には道路上に自転車を漕いでいる絵が書かれた「自転車ナビマーク(ナビライン)」を走行中に、路線バスがスレスレで追い越ししたことが話題となっています。

 これらの問題に対して、クルマに乗る人から「バイクや自転車のマナーの悪さ」を批判するコメントが、一方のバイク乗りの人からは幅寄せを「怖い」と感じたというコメントが寄せられていました。

「バイクのマナーの悪さ」を指摘するコメントのなかには「交差点手前でウインカーを出していても、隙間に飛び込んでくる」、「二輪車を巻き込んでしまった際の過失を考えると、幅寄せしてでも防衛をするのは当然」といった意見があり、クルマを道路の左側へと寄せる行為は必要と考えているドライバーが多かったようです。

 対して、クルマが寄せてくる行為を「怖い」と感じたバイク側は、極端に幅寄せをされた経験や、クルマが左折するわけでないのに進路を塞がいできたといった例を挙げています。

 交差点手前での巻き込み事故を防止する観点から、左へ寄る行為は必要と考える人が多くいるなか、スピードが遅い原付バイクや自転車を前に行かせたくないと考えるドライバーもいるようです。

 では、教習所ではどのような指導をおこなっているのでしょうか。都内の教習所スタッフは次のように話します。

「ほかの教習所でも共通していると思いますが、法令どおり、あらかじめできるだけ左に寄るという形で話しています。

 しかし、寄るという表現が危険なほど寄ると捉える人もいます。したがって目的としてはバイクが入らない程度という表現が適切だと考えていますが、どの程度寄るか明確にするのは難しいかと思います」

■大型車での「左寄せ」はどうなっている?

 SNSのコメントのなかには、左折時に交差点手前で左に寄る行為を「教習所で習った」というコメントも多く寄せられていました。

 道路交通法第34条では「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿って(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない」となっていますが、左へ寄せることの理由や距離については明確には触れられていません。

 では、大型車の教習ではどのような指導をしているのでしょうか。前出の教習所スタッフは次のように話します。

「実際に免許を取得されて大型車のドライバーになられた人は、教習所で寄るという意識が徹底されているため、『必要以上に寄せてしまう』、『危険なほど寄せてしまう』ということが入社初期にあると所属会社の指導員から聞いています。

 この意識を変えるには、寄るという表現が、二輪車を巻き込まないことが目的であると周知するのがポイントになってくると思います。

 また、大型車については、大型車特有のミラーの見え方があります。左のサイドミラーが右のサイドミラーに比べて車体から離れた所に設置してあり、ミラーに写る二輪車が予想以上に遠く見えるものですから、そこを意識して距離感に気をつけるように指導しています」

※ ※ ※

 同教習所によると、「こちらが先行しているから先に曲がるではなく、危険を感じるのであればバイクを先行させてから左折するといった指導もしています」とのことで、左側に寄せる行為をのみを指導するだけではないようです。

 あくまでも巻き込みによる事故を防止する手段のひとつが、左に寄せる行為だと考え、それ以外の防止方法もありえるということです。

 場合によってはバイクを先に行かせることも必要で、バイクや自転車もクルマの挙動を予想することが大事です。

 こうした譲り合いが事故を防止し、お互い危険を感じることもなく、安全で円滑な交通を図ることにつながるといえます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します