サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「ZEAL」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

ここから本文です

ヤマハ「ZEAL」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

YAMAHA ZEAL/街乗りにも適した低中速域での扱いやすさ
ゼファーの大ヒットに端を発するネイキッドブームに呼応。ただ普通に乗ることが楽しめるように意図されたネイキッドスポーツのヤマハ「ジール」。

パワーユニットはFZR250Rベースの水冷4気筒で、吸排気ポート長やバルブタイミングを思い切って中低速向けに振り、アクセレーションに優れるミクニBDST26φキャブやトップをオーバードライブ設定とした6速ミッションを採用。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

元々レッドゾーンが1万8500回転からという超高回転高出力型のエンジンを、低回転からスムーズに立ち上がり、アクセル操作に対して穏やかかつリニアに反応し、快適なクルージングが楽しめるユニットへと変貌させている。高回転化による低中速トルクの痩せを補う排気デバイスEXUPも廃止された。

車体関係でも、柔らかな表情の楕円パイプを使った新設計スチール製ダイヤモンドフレームを中心に、シート高を735mmまで削り、ハンドル切れ角も左右各35度を確保するなど、さまざまなシチュエーションを想定して使い勝手を追求。

高速券の収納などに便利なタンク上面前部の小物入れやタンデムシートに取り付けられる付属バッグの装備など、新たな試みも導入されていた。

「曲線美」「筋肉質」「躍動感」をキーワードに、『ジャンプするイルカ』をイメージしてデザインされた個性的なスタイリングと、抜群の足着き性、自由度の高いライディングポジションが評価され、女性やビギナーライダーからも高い評価を集めた。

1993年2月にハンドルホルダーの形状を変更し、サイレンサーとヘッドライトケースをメッキとした2型にチェンジ。そのまま1999年まで市販が継続された。

ヤマハ ジール 主なスペックと発売当時の価格(1991年2月)
エンジン型式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 249cc
内径×行程 48.0×34.5mm
圧縮比 12.0
最高出力 40PS/12000rpm
最大トルク 2.7kg-m/9500rpm
燃料供給方式 キャブレター
変速機型式 常噛6段リターン
全長×全幅×全高 1990×715×1045mm
軸間距離 1370mm
シート高 735mm
乾燥重量 145kg
燃料タンク容量 15L
タイヤサイズ(前・後) 100/70-17・140/70-17
当時価格 53万9000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します