サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハリアーがフィットよりバカ売れしてる! 月に9300台以上販売しちゃう高級車が日本の景気回復に貢献!?

ここから本文です

ハリアーがフィットよりバカ売れしてる! 月に9300台以上販売しちゃう高級車が日本の景気回復に貢献!?

トヨタの新型「ハリアー」が激売れ状態だ! 自販連調べによる2020年7月度の新車販売ランキングではなんと4位。月販9388台は、ホンダのコンパクトカー「フィット」をも超えているというから驚くべき人気だ。ハリアーの人気ぶりは、コロナ禍で落ち込む日本経済の景気回復に貢献する!?

300万円以上する高級車がベスト6に2台もランクインするトヨタの強さ

検討勢必見! 爆売れトヨタSUVたちのおすすめグレード3選

毎月発表される、自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)が乗用車ブランド通称名別順位。コロナ禍の影響が及ぼす販売減が心配される中、7月度の動向が注目されていたが、結果としてトヨタの強さがはっきり浮き彫りになった月だった。

1位がヤリス(14004台)、2位がライズ(12283台)、3位がカローラ(10994台)、そして4位がハリアー(9388台)と、1位から4位までをトヨタが独占したのだ。

販売面では早くも景気回復の兆し?

ちなみに5位がホンダ フィット(9213台)で、6位にはトヨタ アルファード(8448台)と、ここにもトヨタがランクインしている。

2019年の同月と比べても、上位4位までの販売台数はほぼ同等(ちなみに2019年7月の第1位はトヨタ プリウス 13137台)。上位だけで見れば、自動車の売れ行きは早くも回復基調であることをうかがわせる。

高級車ハリアーのバカ売れが日本の自動車産業全体を潤わせる

ハリアーもアルファードも共に価格帯は300万円台スタートで、上級グレードは500万円以上する高級車。廉価な軽自動車やコンパクトカーに比べれば利益率も遥かに高いことは明らか。これを「トヨタの独り勝ち」などと揶揄する声も一部にあるが、これは実に喜ばしいこと。

ハリアーなどの高級車が売れることで、トヨタ自動車本体のみならず、全国の販売店や部品を供給する数多くの関連産業にとっても大きな利益を生み出すことになるからだ。

トヨタ自動車の豊田 章男社長は6月に行われた株主総会の場で、コロナ禍の中でもトヨタが日本の自動車産業を支え、日本の経済をけん引していくとも宣言していたが、その攻めの姿勢が早くも結果になって現れた格好だ。「ハリアー人気が日本の景気回復に貢献!」も、決して誇張し過ぎた表現ではない。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します