サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、F1休暇前から思い描いていたル・マンやデイトナへの参戦「F1によって新たな挑戦への時間が失われていた」

ここから本文です
 今季アルピーヌからF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、一度引退する前から世界耐久選手権やデイトナなどF1以外のレースシリーズへの参戦を考えており、F1に参戦することで新たな挑戦をする時間が失われていると思っていたと明らかにした。

 2005年と2006年に2度のF1世界チャンピオンに輝いたアロンソは、2015年から4年間在籍したマクラーレンでは一度も表彰台を獲得することなく2018年末にF1から去った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン