サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1、2020年型マシン『SF1000』を披露。ベッテル&ルクレールコンビで2007年以来の王座奪還へ

ここから本文です

フェラーリF1、2020年型マシン『SF1000』を披露。ベッテル&ルクレールコンビで2007年以来の王座奪還へ

フェラーリF1、2020年型マシン『SF1000』を披露。ベッテル&ルクレールコンビで2007年以来の王座奪還へ

 2020年のF1を戦うスクーデリア・フェラーリは2月11日、イタリアにあるムニキパーレ劇場で体制発表を行い、2020年型F1マシン『SF1000』を初公開した。

 2019年はセバスチャン・ベッテルと、ルーキーのシャルル・ルクレールを起用してシーズンを戦ったフェラーリ。ベッテルはシンガポールGPで、ルクレールはルーキーイヤーながらベルギーGP、イタリアGPで、それぞれ優勝を飾った。

ベッテル、フェラーリF1ニューマシンと初対面、シート合わせを行う

 ドライバーズランキングではルクレールが4位、ベッテルが24点差の5位。コンストラクターズランキングではメルセデスに続く2位を獲得している。

 2020年シーズンに向けてはベッテル、ルクレールのラインアップを継続し、ベッテルはチーム在籍6年目、ルクレールは在籍2年目のシーズンを戦い、ドライバーズタイトルでは2007年以来、コンストラクターズタイトルでは2008年以来の王座奪還に挑む。

 新型マシンの名称は『SF1000』。チーム名のスクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrari)のイニシャルに、2020年でフェラーリがF1参戦1000戦を迎えることを記念した名称となった。

 新型マシンのお披露目はイタリアにあるムニキパーレ劇場が会場で、オープニングではオーケストラの演奏や合唱に、録音されたF1マシンのエンジンサウンドを組み合わせたパフォーマンスが行われたほか、途中にはバレエも披露されるなど、趣向が凝らされた発表会となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します