サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ カローラ クロスの最上級グレードZを写真で解説! ポイントは内装の快適装備にあった

ここから本文です

トヨタが2021年9月14日(火)、新たに発売した「カローラ クロス」はカローラシリーズで初のSUVモデルだ。ガソリンが4グレード、ハイブリッド3グレード用意されるうちの最上級グレードとなるZの価格(税込)はガソリングレードが264万円、ハイブリッドグレードが299万円と高額だ。そんなZの装備にはどんなものが備わっているのだろうか。写真で詳しく解説したい。

カローラ クロスは日本独自のフロントグリルを備えている

この記事の画像ギャラリーを見る(全121枚)

カローラ クロスのボディサイズは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm。海外仕様とは異なるフロントグリルを備えているのが特徴的だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ