サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シューマッハー、ようやく掴み取ったF1初入賞に喜び爆発。19番手からの8位フィニッシュはレース戦略の賜物?

ここから本文です

シューマッハー、ようやく掴み取ったF1初入賞に喜び爆発。19番手からの8位フィニッシュはレース戦略の賜物?

シューマッハー、ようやく掴み取ったF1初入賞に喜び爆発。19番手からの8位フィニッシュはレース戦略の賜物?

 ハースのミック・シューマッハーは、F1イギリスGPの決勝レースで8位。チームの適切なレース戦略がF1キャリア初入賞をもたらしたと語っている。

 予選で苦戦したハースはシューマッハーが19番手、チームメイトのケビン・マグヌッセンは17番手から決勝レースをスタート。ふたりは、3台がリタイアとなった1周目の多重クラッシュを無傷で抜け、仕切り直しの再スタートでは14番手と16番手となり、徐々に順位を上げていった。

■F1分析|決勝で一番速かったのはハミルトン! フェラーリの戦略判断を苦しめた?

 シューマッハーは、終盤のセーフティカー出動の際にピットへ飛び込み、ソフトタイヤに交換。これにより10番手から8番手に順位を上げ、最終盤はデブリにより手負いの状態となっていた7番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を追い回したが、オーバーテイクを完了するには至らなかった。

 しかしこれで8位入賞。昨年F1デビューを果たし、そこから31回目の出走にして念願のF1初ポイントを手にした。マグヌッセンも10位フィニッシュを果たしたことで、チームはダブル入賞となった。

 シューマッハーはデビューイヤーの2021年シーズン、チームメイトのニキータ・マゼピンも同じくルーキーだったこと、開発が行なわれていなかったマシンだったこともあり、大きなプレッシャーがかけられることもなく1年を過ごした。しかし2022年シーズンは経験豊富なマグヌッセンをチームメイトに迎えたことで、その差が注目を集めた。

 マグヌッセンは開幕戦でいきなり5位入賞を掴むなど輝きを放つ一方で、シューマッハーはポイントを掴めず、サウジアラビアGPとモナコGPでマシンを2度全損させた。

 チームでの未来にも疑問符が付けられていただけに、今回の初入賞によって、シューマッハーから肩の荷が下りるこことなったかもしれない。

「ああ、最高の気分だ!」

 シューマッハーは決勝レース後にそう喜びを語った。

「今はチームのもとに戻って楽しみたいと思っている」

「ダブル入賞という形でポイントを稼げたのは素晴らしいことだ。それが僕らが目指していたモノだったからね」

「今は、少しでも他のドライバーを追い抜いて、ポイントを獲得していくことを目標にしている」

 シューマッハーは完璧なレース運びで8位入賞を果たした要因は、チームが「正しいことを、正しいタイミングで行なった」ことだと語る一方で、セーフティカー出動がなければ、第2スティントで履いていたハードタイヤ(C1タイヤ)でチェッカーまで走り、より良い結果を残せていたかもしれないとも明かした。

「僕らは異なる2種類のコンパウンドで走っていた。C1が上手くいくかどうか確信がなかったら、ある種のギャンブルをしてみたんだ。(この週末は)それで走ったことがなかったからね」

「若干(タイムが)落ちてきても、また戻った。だから、セーフティカーが終盤に出なくても、全く問題はなかったと思う。多分、マックスの前に出られたと思う」

「でも全体として、僕らは正しいことを正しいタイミングでできたと思う。(セーフティカーは)もうひとつのチャンスだったんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら