現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次期ハスラーが見えた!(たぶん)

ここから本文です

次期ハスラーが見えた!(たぶん)

掲載 9
次期ハスラーが見えた!(たぶん)

 2023年秋に開催されたジャパンモビリティショー2023に登場した、スズキのコンセプト軽BEVの「eWX」。角形ボディに丸みを持たせたそのスタイリングから、ハスラーの次期モデルではないかとウワサされている。

 ハスラーのモデルチェンジサイクルからも、eWXが次期ハスラーのベースとなる可能性は高いと考えられるが、だとすると、ハスラーは次期型でバッテリーEVとなってしまうことになる。ハスラーといえば、スズキの軽自動車の中で2番目に売れている人気モデル。はたして、eWXは本当に次期ハスラーの姿なのか!??

次期ハスラーが見えた!(たぶん)

文:吉川賢一/写真:SUZUKI、JAMA

軽規格に収まるサイズ、充電1回あたりの走行距離は230km

 eWXのコンセプトは、「実用性とワクワクを兼ね備えた軽EV」。バッテリーEVとなってもいままでと同じように使えるうえ、走りが力強く静かになるため、もっと快適になる、とスズキはしている。ボディサイズは、全長3,395mm、全幅1,475mm、全高1,620mmと軽規格に収まるサイズだが、現行ハスラーの全高1680mmと比べて、eWXは60mmほど背が低いようだ。また充電1回あたりの走行距離は230kmと、これは日産サクラ/三菱eKクロスEVのWLTCモード180kmより、1.3倍も長めに設定されている。

 外装はシンプルですっきりとしたデザインで、角と丸と長方形をモチーフに、立ち上がったフロントウィンドウや水平に近いボンネット、大きく四角いサイドウインドウなど、2代目ハスラーの特徴がところどころに取り入れられている。ボディのカラーリングも、先進性のあるグレーに入れられた鮮やかな蛍光イエローのアクセントが効いており、先進性も感じられるお洒落なカラーだ。

 内装も、角と丸と長方形をモチーフにしており、メーターからセンターディスプレイまでを一枚の液晶モニターでまとめ、インストルメントパネルの上にフローティングさせたデザインを採用。ホワイトとイエローのカラーリングによって、車内は非常に明るい雰囲気だ。非円形のステアリングホイールや物理スイッチなどのかたちも、eWXの優しい雰囲気づくりに貢献している。

eWXのコンセプトは、「実用性とワクワクを兼ね備えた軽EV」。バッテリーEVとなってもいままでと同じように使えるうえ、走りが力強く静かになるため、もっと快適になる、とスズキはしている

eWXのインテリアは、メーターからセンターディスプレイまでを一枚の液晶モニターでまとめたデザインを採用。ホワイトとイエローの配色が、インテリアをより明るく感じさせてくれる

次期型では、バッテリーEVとマイルドハイブリッドが用意されるのでは

 スズキは、2023年1月に発表した「2030年度に向けた成長戦略説明会」のなかで、日本市場には2030年度までに、バッテリーEVを6モデル展開し、パワートレイン比率についても、ハイブリッド8割、バッテリーEVを2割にする(乗用車のみ)としている。

 このときの資料には、「バッテリーEVラインアップ」として、ハスラーにみえるクルマを含む6つのクルマのシルエット画像が載せられていたが、これらはおそらく、現行車の画像を黒塗りしただけであり、あくまでイメージを表明したものだろう。ただ、eWXがこの(日本市場に展開するとしている)バッテリーEV6モデルと無関係だとは考えにくく、次期ハスラーがバッテリーEVになることは決定路線だと考えられる。

 だとすると気になるのは、eWXの充電1回あたりの航続距離が230kmという点。既存のバッテリー技術が前提だとすると、この航続距離ではサクラ/eKクロスEVよりも大きなバッテリーを積む必要があり、価格も250~300万円を超える価格になることを避けることはできない。コストパフォーマンスを重要視する軽ユーザーが、その価格を受け入れるとは考えにくく、またスズキとしても、売れ筋モデルのハスラーを完全にバッテリーEVにしてしまうというリスキーなことはやってこないはずだ。

 おそらく、従来型と同じくガソリンエンジンにマイルドハイブリッドユニットを加えたハスラーHIBRIDに、バッテリーEVパワートレインを与えたハスラーEV(仮)をラインアップへ追加。その割合は、資料にある通り、ハイブリッドが8に対し、バッテリーEVが2、といったシナリオになるのではないだろうか。

2023年1月に発表した「2030年度に向けた成長戦略説明会」のなかで、スズキは、日本市場には2030年度までに、バッテリーEVを6モデル展開するとしている

2020年1月に発売開始となった2代目ハスラー。評判の高かった初代ハスラーのデザインを踏襲。2024年5月現在、スズキの軽自動車の中で2番目に売れているモデルだ

トヨタのハイブリッドシステムを使うこともできるだろうが、価格が高くなる

 スズキはトヨタの技術を利用できるため、既存のマイルドハイブリッドシステムではなく、ヤリスハイブリッドなどに採用されている小型車用ハイブリッドユニット(のパーツ)を活用することも可能だろうが、これを搭載してしまうと既存のハスラーのガソリン車価格(税込136万円~181万円)におさめることが難しくなる。コストに厳しい国内スズキの顧客の需要に合わせるためには、やはり従来型と同様、マイルドハイブリッドの採用にとどめてくるだろう。

 また現在のハスラーハイブリッドは25.0km/L(WLTCモード燃費)、CO2排出量も93~99g/kmと悪くはなく、ストロングハイブリッドにする必要性も高くない。

 いまある(マイルドハイブリッドという)資産を有効活用しながら、バッテリーEVにもチャレンジをするといった姿勢で進むのが、スズキが考える次期型ハスラーなのではないだろうか。

【画像ギャラリー】これがあの人気モデルの次期型!?? ジャパンモビリティショー2023に登場した、スズキのコンセプト軽BEVの「eWX」(12枚)

投稿 次期ハスラーが見えた!(たぶん) は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

お値段2500万円! 広々後席の最高峰日本車 トヨタ新型「センチュリーSUV」はどんな人が購入?  販売店に聞いてみた
お値段2500万円! 広々後席の最高峰日本車 トヨタ新型「センチュリーSUV」はどんな人が購入? 販売店に聞いてみた
VAGUE
SUV人気は相変わらずだが中古相場に「下落」が見え始めた! なぜ売れ筋ジャンルなのに再販価値が下がっているのか?
SUV人気は相変わらずだが中古相場に「下落」が見え始めた! なぜ売れ筋ジャンルなのに再販価値が下がっているのか?
WEB CARTOP
【MotoGP】未勝利続くKTM、開発不足で”天井”にぶち当たっている? 「シャシーは昨年のミサノと同じ」とライダー暴露
【MotoGP】未勝利続くKTM、開発不足で”天井”にぶち当たっている? 「シャシーは昨年のミサノと同じ」とライダー暴露
motorsport.com 日本版
【男女1000人に聞いた】海に行くときに乗りたい国産車ランキング!
【男女1000人に聞いた】海に行くときに乗りたい国産車ランキング!
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「4人乗りアルファード」実車公開! 斬新すぎる「後ろ向きシート」×専用“白黒2トーン”採用! 画期的な「新技術」を名古屋で披露
トヨタ新型「4人乗りアルファード」実車公開! 斬新すぎる「後ろ向きシート」×専用“白黒2トーン”採用! 画期的な「新技術」を名古屋で披露
くるまのニュース
プラスチック部品を採用した量産車第一号モデル「スーパーカブC100」 割れた部品の補修方法とは? 同い年のバイク=スーパーカブと生きるバイクライフVol.6
プラスチック部品を採用した量産車第一号モデル「スーパーカブC100」 割れた部品の補修方法とは? 同い年のバイク=スーパーカブと生きるバイクライフVol.6
バイクのニュース
ビンファストがフィリピン進出、最初のモデル『VF 5』は航続326kmの電動SUV
ビンファストがフィリピン進出、最初のモデル『VF 5』は航続326kmの電動SUV
レスポンス
[カーオーディオ・素朴な疑問]「モニターレス メインユニット」は廃れた?
[カーオーディオ・素朴な疑問]「モニターレス メインユニット」は廃れた?
レスポンス
レクサス IS500【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
レクサス IS500【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【注目ライバル比較】フリードvsシエンタ、どちらが便利でお買い得か、ズバリ診断
【注目ライバル比較】フリードvsシエンタ、どちらが便利でお買い得か、ズバリ診断
カー・アンド・ドライバー
ホンダ新型「オデッセイ」発表! 精悍&高級デザイン新採用! 全長5.2m超えの“巨大ミニバン”米で発売
ホンダ新型「オデッセイ」発表! 精悍&高級デザイン新採用! 全長5.2m超えの“巨大ミニバン”米で発売
くるまのニュース
ヤマハの新型「スポーツネイキッド」ついに発売! 足回りと電子制御装備を強化した上級仕様!? 144万円から手に入れられる新機能とは
ヤマハの新型「スポーツネイキッド」ついに発売! 足回りと電子制御装備を強化した上級仕様!? 144万円から手に入れられる新機能とは
VAGUE
約70万円で「3人」乗れる!? パワフルな“250ccエンジン”搭載した「新型トライク」初公開! ますます“日常で使える”「すごい乗り物」24年秋に発売!
約70万円で「3人」乗れる!? パワフルな“250ccエンジン”搭載した「新型トライク」初公開! ますます“日常で使える”「すごい乗り物」24年秋に発売!
くるまのニュース
フォルクスワーゲンのT-ROC/T-CROSSに対応する専用ステー『MR-KIT58』が登場
フォルクスワーゲンのT-ROC/T-CROSSに対応する専用ステー『MR-KIT58』が登場
月刊自家用車WEB
雨の悪路…「最高ですよね!」 ヒロミがクルマで泥んこ遊び!? 全長5m超え「トライトン」が見せた凄さとは
雨の悪路…「最高ですよね!」 ヒロミがクルマで泥んこ遊び!? 全長5m超え「トライトン」が見せた凄さとは
くるまのニュース
ベネリ「TNT 125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ベネリ「TNT 125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
4人家族が寝られる広さ! ミツビシ アウトランダーPHEVがベースのキャンパー
4人家族が寝られる広さ! ミツビシ アウトランダーPHEVがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
こんな[変則ドア]なんて見たことない!! 大きめプチバン[JPNタクシー]を愛車にするってアリかも!?
こんな[変則ドア]なんて見たことない!! 大きめプチバン[JPNタクシー]を愛車にするってアリかも!?
ベストカーWeb

みんなのコメント

9件
  • kmq********
    見出しにperhaps
    ベストカーガイドの頃から、バカの片鱗は見せていた
  • kap********
    もうスクープでも何でもなく たぶん という個人の感想以下に落ちたんですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

151.8197.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8316.9万円

中古車を検索
ハスラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

151.8197.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8316.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村