サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロボットを使って余剰電力を有効活用 実証実験へ

ここから本文です
SBエナジー、ソフトバンクロボティクス、東急不動産は7月26日、ロボットを活用したバーチャルパワープラント(VPP)システムによる充電シフト実証を実施することで合意したと発表した。

人型ロボット「Pepper(ペッパー)」、除菌清掃ロボット「Whiz i(ウィズ アイ)」、配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を蓄電リソースとして活用し、8月2日から6日まで、太陽光発電の余剰電力によってバッテリーの充電時間をシフトする有効性について検証する。東急不動産が開発する東京・竹芝地区の「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」で、SBエナジーがVPPシステムを構築する。

おすすめのニュース

サイトトップへ