サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1チーム、来季に向けた技術規定の調整に消極的。「バカなマネはするな」とレッドブル代表はFIAに釘を刺す

ここから本文です

 F1チームの多くは、時既に遅しとしてFIAが2023年に向けて進める技術規定の調整に消極的な姿勢を取っており、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はFIA側に「バカなマネはするな」と釘を刺している。

 FIAはグラウンドエフェクトカーとなった今年のF1マシンに発生している縦揺れを抑制するために、短期的・中期的な対策を進めている。

■FIAの”ポーパシング抑制”はF1フランスGPからスタートへ。2本目のステーは許可されず

 F1ドライバーから苦情が上がっている激しい縦揺れは大きく別けて2種類。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン