サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [貴重映像!!] あのラルフ・ウォルドマンが50ccのGPマシンで、ドイツ市街地特設コースを激走する動画です!

ここから本文です

[貴重映像!!] あのラルフ・ウォルドマンが50ccのGPマシンで、ドイツ市街地特設コースを激走する動画です!

2018年3月10日、心臓発作により51歳で早逝した元GPライダーのR.ウォルドマンですが、彼が2015年にドイツのツショルラウという街で開催されたヒストリックイベントに、ファン・フィーン・クライドラーの50ccレーサーで出場した際の映像が残されていますので紹介いたします。
(※webサイト ロレンスより)

昔取った杵柄! 小排気量使いとしての実力を披露!
1986年に当時世界ロードレースGP(現MotoGP)にあった80ccクラスで、GPデビューを果たしたウォルドマンは、1989年から125ccクラスにも参戦。その後、125ccクラスのトップライダーのひとりとなったウォルドマンですが、1994年からは250ccクラスへステップアップし、マックス・ビアッジらライバルたちと、激しい名勝負を幾度も繰り返すことになりました。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の写真と予定価格!

2009年までライダーとして活躍したウォルドマンですが、引退後してからの2010年代はTV放送のユーロスポーツのスタッフなどで活躍し、GP業界に貢献。彼の若すぎる死は多くの人を悲しませることになりました・・・。

そんなウォルドマンが、ライダー引退後の2015年に、ドイツのザクセン州の街、ツショルラウで開催されたヒストリックイベントに参加した時の映像が、YouTubeにアップされていました。市街地の道路などの一角を閉鎖してコースにし、そこを古いロードレーサーを走らせるイベントのようですが、なんとウォルドマンは参加ライダーの1人として、1970年代の50ccGPマシンであるファン・フィーン・クライドラー(水冷2ストローク単気筒50cc)を走らせていたのです。

GP好きも小排気量好きも、動画をぜひご覧ください!


まとめ:ロレンス編集部 宮﨑健太郎

LAWRENCEは、こちら!
ロレンスではいま、こんな記事が人気です!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します