サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本が誇る超高級車も大胆にカスタマイズ!? 最新コンプリートカー5選

ここから本文です

日本が誇る超高級車も大胆にカスタマイズ!? 最新コンプリートカー5選

■いま手に入る、安心と信頼のコンプリートカーたち

 人とは違う個性的なクルマが欲しいと思ったら、カスタマイズやチューニングを施すという手がありますが、かつてはそういう行為が社会的に認知されておらず、アウトローなイメージがありました。

これが「プリウス」なの!? 「フェラーリ」そっくりなプリウスが登場!

 しかし、1990年代ごろからカスタマイズやチューニングは市民権を得られるようになり、いまでは自動車メーカーや、関連会社自らカスタマイズしたコンプリートカーの販売が定着しています。

 そこで、いま手に入れられる最新コンプリートカーのなかから、5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「フリード モデューロX」

 ホンダは、小型ミニバン「フリード」のカスタマイズカー「フリード Modulo X(モデューロ エックス)」をマイナーチェンジして、2020年5月29日から発売。

「Modulo X」シリーズは、専用パーツが装着されたコンプリートカーで、これまでも「ヴェゼル」や「ステップワゴン」、「S660」が販売されています。

 今回、新型となったフリード モデューロXは、2020年1月の東京オートサロン2020に出展された「フリード モデューロX コンセプト2020」の市販モデルです。

 外観は、新設計の専用フロントエアロバンパーや専用フロントグリル、専用LEDフォグライトで存在感を演出。フロントフェイスは「X」を表現した立体的な造形となっています。

 ボディカラーはプラチナホワイト・パール、ミッドナイトブルービーム・メタリック、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、クリスタルブラック・パールの4色を設定。

 また、日常の速度域でも体感できる空力効果の向上を実現する「実効空力デバイス」として、3つのエアロフィンが装着されています。

 内装ではシート表皮をプライムスムース×スエード調のコンビシートにすることで、質感の向上が図られました。

 新型フリード モデューロXのパワートレインは、1.5リッターガソリンと1.5リッターガソリン+モーターのハイブリッドの2種類をラインナップし、ガソリン仕様にはCVT、ハイブリッド仕様には7速DCTが組み合わされます。

 乗車定員6人乗りと7人乗りのふたつの仕様が用意され、価格(消費税込、以下同様)は、295万200円から327万8000円です。

●スバル「WRX S4 STIスポーツ♯」

 スバルのスポーツセダン「WRX S4」に、STI(スバルテクニカインターナショナル)が手掛けた特別仕様車「STIスポーツ#(シャープ)」が登場し、2020年8月20日に発売されます。

 外観は、大型フロントアンダースポイラー(艶ありブラック)やフロントグリル(ダークグレイシリカ塗装)、リアバンパー(エアアウトレットグリル付)など、「WRX STI」の限定車として絶大な人気を誇った「S208」や「EJ20 ファイナルエディション」に装着されたエアロパーツが装備されています。

 ボディカラーは、アイスシルバー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、WRXブルー・パールに加え、セラミックホワイトを特別に設定。

 内装では、ブラックとシルバーのモノトーンとし、肌ざわりの良いウルトラスエードを用いたレカロ製フロントシートや、ステアリングホイール、本革巻シフトレバー&シフトブーツなど、こだわりの専用アイテムを採用し、大人のためのスポーツセダンを具現化しています。

 さら吸音材や制振材を随所に追加することで、より静かで快適な室内空間を実現。

 パワートレインではエアクリーナとマフラーにSTI製パーツを採用することで吸排気の抵抗を低減し、加速中のエンジントルクを最大約10%向上。

 また、CVTオイルクーラーと強化ラジエーターファンを搭載してパワートレインの冷却性能をアップし、スポーツ走行時の熱によるトラブルを防ぎ、動力性能を存分に引き出します。

 価格は474万1000円で、限定台数は500台です。予約注文は2020年5月26日から10月22日まで受け付けられますが、限定数に達した時点で終了となります。

 なお、標準仕様のWRX S4は2020年5月25日に一旦オーダーストップとなりましたが、7月には年次改良を受ける予定です。

●日産「エクストレイル オーテック」

 日産のラインナップのなかで、過去に3年連続で国内のSUV販売台数ナンバーワンの座に輝いたこともある人気モデルが「エクストレイル」です。

 現行モデルのエクストレイルは2020年1月に仕様向上が図られ、オーテックジャパンが手掛けたコンプリートカー「エクストレイル オーテック」も刷新されました。

 外観は細部まで作り込まれたメタル調フィニッシュの専用パーツによって上質さと先進性を表現し、専用デザインの19インチアルミホイールや左右2本出しタイプのマフラーを装備するなど、スポーティなクロスオーバーSUVに仕立てられています。

 内装では標準仕様のエクストレイルには設定されていない本革シートを採用。「AUTECH」シリーズのアイコニックカラーであるブルーを随所に取り入れて、上質な素材とディテールにこだわりを感じさせます。

 パワートレインは2リッターガソリンとハイブリッドで、それぞれ2WDと4WDが設定され、ガソリン車では、2列シートに加えて3列シート(7人乗り)が選択可能です。

 さらに、仕様向上に伴って、SACHS社製ショックアブソーバーを含む専用サスペンションを新たに装備。高い運動性能と上質な走りを両立しています。

 エクストレイル オーテックの価格は、2WDが346万9400円から、4WDが367万9500円からです。

■トヨタ最上級のクルマを大胆にカスタマイズ!?

●トヨタ「ノア MU/ヴォクシー MU」

 発売以来、常に販売台数で上位をキープし続けているトヨタのミドルクラスミニバンとして、「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」の3兄弟がありますが、ノアとヴォクシーには昨今のアウトドアブームに対応したコンプリートカー「MULTI UTILITY(マルチユーティリティ、以下MU)」がラインナップされています。

 ノア MU/ヴォクシー MUは、トヨタの特装車やカスタマイズパーツ、コンプリートカーを手掛けるモデリスタが開発。

 ベースはノア/ヴォクシーのガソリンエンジン車で、シートレイアウトを3列から2列5人乗り仕様とすることで、常に荷室を最大限に活用できる仕様となっています。

 日常のショッピングでかさばる荷物を収納したり、道具を積み込んでキャンプに出かけたりと、趣味のトランスポーターとして自分だけの1台を作り上げることも可能です。

 専用架装装備として荷室のフロアを水や汚れに強く、手入れが簡単なオーク木目調の「MU専用フロア」としているほか、ベース車の収納力を活かした「床下収納」、着替えや車中泊時のランタンの活用などに役立つ「ハンガーフック」、小物入れ付きの「クォータートリムカバー」など、日常使いだけでなくアウトドアユースにも役立つ機能を搭載。

 また、MU専用販売店装着オプションとして、車中泊時のベッド、ラゲージスペースの仕切り棚、車外ではテーブル&ベンチセットとして幅広く使用できる「マルチユースボード」、オーク木目調のフロアと合わせたブラウン/ベージュの配色の「MU専用シートカバー」、釣り竿を収納できるロッドホルダーなどが用意されています。

 ノア MUの価格は272万1400円から、ヴォクシー MUは297万8800円からです。

●「トムス センチュリー」

 トヨタの最上級モデルとして長い歴史を持つ「センチュリー」は、2018年6月に21年ぶりのフルモデルチェンジをおこなったことで、大いに話題となりました。

 このセンチュリーを、さらにラグジュアリーかつゴージャスに仕上げたのが、モータースポーツ活動を通じてトヨタ車を知り尽くしたトムスによるコンプリートカー「トムス センチュリー」です。

 高性能で高品質なショーファードリブンカー、センチュリーのパフォーマンスを確保しつつ、走行性能を高めて自ら運転を楽しむ「ドライバーズカー」をコンセプトに開発されました。

 外装は、ベース車の気品あるデザインから、エレガントでアクティブなスタイルに一新。専用のフロントバンパー、サイドステップ、リヤアンダースポイラー、トランクスポイラーなどが装着されています。

 センチュリーがもつ高級感を残しつつもスポーティな雰囲気に仕上がっているほか、実際にエアロパーツの効果で走行安定性も向上。

 内装では「フルオーダーメイドシート」を設定しており、職人が手掛けるシートはスポーティにもラグジュアリーにも仕上げることができ、高級ナッパレザーをはじめとする素材とカラー、ステッチを組み合わせることで、自分好みのカスタマイズが可能です。

 パワートレインは、ベースモデルと変わらず5リッターV型8気筒エンジン+モーターのハイブリッドですが、4本のオーバルテールエキゾースト「トムス・バレル」が装着され、スロットルレスポンスの向上と、エンジン始動時には上質かつ重厚なサウンドを奏でます。

 トムス センチュリーは、2020年1月の東京オートサロン2020で発表されると同時に注文受付を開始。限定36台の販売で、価格は3097万6000円からです。

※ ※ ※

 日本でコンプリートカーが定着したのは比較的最近のことですが、海外では古くからオーダーメイドなどが盛んにおこなわれてきました。

 なかでもロールスロイスやベントレー、フェラーリといった超高級車メーカーでは、内外装を新規にデザインした世界に1台だけのクルマをオーダーすることも可能となっています。

 ただし、価格は天井知らずで、時には10億円以上もかかるケースもあり、また基本的には「一見さんお断り」というスタンスのようで、庶民には縁遠い話です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します