サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【特集】F1史上最高の逆転劇は、どのようにして起こったのか:1983年アメリカ西GP~前編~

ここから本文です

 1983年アメリカ西GPでマクラーレンのジョン・ワトソンが成し遂げた、22番グリッドからの大逆転勝利。これは様々な要因が重なって起こったものであるが、前編では決勝レース直前までの出来事を振り返る。

 1983年、ロングビーチで行なわれたF1アメリカ西GP。このレースでマクラーレンのジョン・ワトソンは、22番グリッドからスタートして優勝するという離れ業をやってのけた。これは史上最も後方グリッドから優勝したレースとして、今もF1の歴史に残っている。

■38歳でF1を目指す。ひとりの“おじさん”が夢を叶えた仰天ストーリー

 レースが開催された3月27日のカリフォルニアは晴天。

おすすめのニュース

サイトトップへ