サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMWの心臓を持つクラシックスポーツ!モーガン プラスフォーのストイックさは変わらない

ここから本文です

BMWの心臓を持つクラシックスポーツ!モーガン プラスフォーのストイックさは変わらない

 英国の少量生産スポーツカーメーカーである「モーガン」の新型モデル「Plus Four(プラスフォー)」の日本導入が発表された。

 この伝統的なクラシカルなスタイルを持つスポーツカーには、なんとBMWのパワートレインが与えられるという。

動き出した日産! 原点回帰!? フェアレディZが2021年ついに生まれ変わる!!

 伝統と新技術の融合が生んだ古くも新しいブリテッシュスポーツカーの魅力をお伝えしよう。

文:大音安弘 / 写真:モーガンカーズ・ジャパン

【画像ギャラリー】伝統と革新の融合によるクラシックスポーツ!モーガン プラス フォー

生まれ変わったクラシックスポーツカー

 モーガンカーズ・ジャパンは、2020年6月26日、新型モデル「MORGAN PLUS FOUR (モーガン プラス フォー)」の販売を開始することを発表した。価格は、1150万円(MT)~1188万円(AT)だ。

「MORGAN PLUS FOUR (モーガン プラス フォー)」は、英国本社のモーガン・モーター・カンパニーが、2020年3月3日に発表した最新モデルで、1950年にデビューしてから、長らく同社の主力モデルであった「Plus 4(プラス フォー)」の後継型だ。

モーガンの定番モデル「Plus4」の後継となるのが、新型車「PLUS FOUR」だ。

全面刷新した新生モデルへ

 従来型となるPlus 4のイメージを強く受け継いだクラシカルなロングノーズスタイルの内側は、最新世代にアップデート。基本構造を、以前のスチール製ラダーシャシーから現代的なCXジェネレーション接着アルミプラットフォームに変更した。

 その結果、ボディ剛性の向上に加え、単体重量を97kgという軽量に仕上げることができたという。

 ボディサイズは、全長3830×全幅1650×全高1250mmとコンパクトな5ナンバーサイズに収まる。その特徴的なスタイルからわかるように、2520mmのロングホイールベース仕立てに。

 一見、大きくも感じられるタイヤサイズは、205/60R15と、現代では小ぶりのサイズを装着する。

クラシックスタイルながら、メカニズムは現代技術によりアップデートされた

新エンジンはBMW製に

 パワートレインも一新され、エンジンをBMWから供給を受ける。モーガン初となる2.0Lの4気筒DOHCターボを搭載。

 トランスミッションは、6速MTに加え、パドルシフト付きの8速ATを設定する。レイアウトは、もちろんFR(フロントエンジン・リヤドライブ)だ。

 モーガン専用にチューニングされたエンジンは、トランスミッションにより性能が異なる。

 最高出力は、いずれも258psを発揮。オートマチックモデルでは、最大トルクは、400Nm。乾燥重量が、わずか1009kgに過ぎないこともあり、0-100km/h加速は、4.8秒。最高速度は240km/を誇る。

 いっぽう、マニュアルモデルは、最大トルクが350Nmに抑えられる。乾燥重量は、1013kgと微増に留められ、0-100km/h加速は、5.2秒となる。また最高速度は、AT仕様同様だ。

パワーユニットは、BMW製に。高性能な4気筒ターボと軽量ボディの組み合わせは、かなり刺激的だ

伝統を色濃く残すインテリア

 顧客のオーダーに合わせてハンドメイドで作られるモーガンのインテリアは、クラフトマンシップに溢れた贅沢かつ温かみのあるもの。

 インテリアトリムとシートは、風合いのいいレザーを使用。クラシカルなダッシュボードは、伝統的なウッドパネルによるもの。もちろん、レザーの仕様やカラーリングは、カスタマイズが可能だ。

 クラシックなスタイルだが、現代的な装備の一部を取り入れたのもポイント。

 具体的には、前後のLEDライト、オートマチックヘッドライト、ABS、パワーステアリング、リモートセントラルロッキングなどを標準化。

 さらにオプションでBluetooth対応オーディオやシートヒーター、エアコンなどの快適装備も用意する。

エクステリア同様、クラシカルなインテリアだが、一部の最新機能も取り入れている

 進化の中で受け継がれる味わい

 PLUS FOUR は、全面的なアップデートを図ることで、21世紀のライバルとも互角に戦うことが可能とするいっぽう、これまでのモーガンらしい乗り心地や機敏な身のこなし、バランスなどの魅力はしっかりと受け継がれていることをPRしている。

 またABSなどの安全デバイスは、必要最小限に留められており、このクルマを意のままに操るには、相応のスキルが求められることをお忘れなく……。

進化を続けながらも、モーガンイズムは決して失われない

【画像ギャラリー】伝統と革新の融合によるクラシックスポーツ!モーガン プラス フォー

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します