サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラッセル、今シーズンが無得点でも失敗ではない「僕らの入賞は、マクラーレンの優勝に匹敵する出来事」

ここから本文です

 F1デビューから3年目をウイリアムズと共に過ごしているジョージ・ラッセルは、チームが2021年シーズンを無得点で終えたとしても、今シーズンが失敗だったとは思わないと語った。

 2020年シーズンを無得点で終えたウイリアムズ。荒れに荒れた雨天のレース後、アルファロメオ勢に科されたタイム加算ペナルティによって、ロバート・クビサが10位に繰り上がった2019年のドイツGP以来、ポイント獲得から遠ざかっている。

■メルセデスF1代表、ラッセルに”厳しい愛”を授ける……イモラでボッタスと大クラッシュ

 かつての常勝チームであるウイリアムズだが、近年は低迷。2018年に10チーム中ランキング最下位となると、2019年も最下位を脱出できず。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン