サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 帝人、複数素材のバッテリーボックス開発 電動車両向け 2025年の量産目指す

ここから本文です

 帝人は、複数の素材を組み合わせたマルチマテリアルのバッテリーボックスを開発したと発表した。

 電気自動車やハイブリッド車など電動車両に搭載するバッテリー向けで、複合材料製品を手がける米国グループ会社のコンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス(CSP)などと開発。2025年からの量産開始を目指す。

帝人、完全自動化したCF-RTM成形設備をポルトガルへ導入 欧米自動車メーカーの受注獲得

 今回開発したバッテリーボックスは、複合材料(FRP)と金属を適材適所に用いたマルチマテリアルの筐体。

 FRPには炭素繊維またはガラス繊維が使用でき、バッテリーを置くトレーやカバーとして成形する。

おすすめのニュース

サイトトップへ