サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > リミッターに当たってそこまで回らない! それでもタコメーターの「レッドゾーン」に数字が刻まれるワケ

ここから本文です

 この記事をまとめると

■タコメーターの目盛りは9や10まであるが実際は7辺りで止まる

そこまで回すとエンジンが壊れる? クルマのタコメーターの「レッドゾーン」が示す本当の意味とは

■これはメーカーによってレブリミッターが設けられているから

■レッドゾーンを超えた回転数の目盛りが存在する理由について解説する

 レッドゾーンはエンジンの使用上限回転数を示す

 タコメーターの9とか10とか数字があるけど実際は7辺りで止まる針。本当にここまで回るの? なんの意味が?

 エンジンというのは単位時間あたりの吸入空気量を増やせばパワーが上がるので、高回転化すればするほど高出力化が可能になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン