サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 若手の台頭にも負けず、自身初PPの国本雄資。相方・阪口晴南は「味の素のような存在」【スーパーGT第3戦鈴鹿:PP記者会見】

ここから本文です

 スーパーGT第3戦鈴鹿の予選では、19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)が2戦連続となるGT500クラスのポールポジションを獲得した。記者会見に登場した彼らは、次のように語った。

■19号車WedsSport ADVAN GR Supra

■クラッシュ乗り越えたチームの頑張りに応えたい……Q1で渾身のアタック、3号車Z・千代勝正の嬉し涙は見られるか?

阪口晴南

「鈴鹿は僕たちにとって少し苦手意識のあるコースでしたが、前戦富士からの良い傾向を引き継ぎたいとの思いで週末に臨みました。フリー走行を終えた後は厳しそうな印象で、Q1突破を目標にアジャストして予選に臨みましたが、その調整以上のパフォーマンスが出せたので満足です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン