サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スポーツセダンとしての性格を打ち出した 3シリーズ…石井昌道【日本カーオブザイヤー2019-2020】

ここから本文です

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」の最終選考会6日、東京都内で行なわれ、トヨタ『RAV4』が“今年の1台”に決まった。インポートカーオブザヤーはBMW『3シリーズ』セダン(BMW 3 Series)が選ばれた。選考委員でモータージャーナリストの石井昌道氏は3シリーズに10点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された石井氏のコメントは以下の通り。

☆☆☆

スポーツセダンとしてのキャラクターを強く打ち出して、ダイナミクス性能を磨きあげた。ガソリン、ディーゼル、ATなどパワートレインの実力も高く、ドライバビリティは秀逸。

おすすめのニュース

サイトトップへ