現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最高速320キロ! マセラティ「ティーポ フォルゴーレ」の新カラーリングは電気伝導率の高い「銅」色で効率の高さをアピール!?

ここから本文です

最高速320キロ! マセラティ「ティーポ フォルゴーレ」の新カラーリングは電気伝導率の高い「銅」色で効率の高さをアピール!?

掲載 4
最高速320キロ! マセラティ「ティーポ フォルゴーレ」の新カラーリングは電気伝導率の高い「銅」色で効率の高さをアピール!?

マセラティがフォーミュラEに投入する新たなマシン

マセラティMSGレーシングは、FIAフォーミュラE世界選手権シーズン10に挑む新たなマシン「マセラティ ティーポ フォルゴーレ(Maserati Tipo Folgore)」を公開した。新シーズンでの活躍が期待されるマシンの詳細をお伝えしよう。

30年ぶりに日本から「ミナルディ190」がイタリアへ里帰り! イモラサーキットに名F1マシンが20台集結しました【ユーコ伊太利通信】

電動化の未来を象徴するカラーリング

スペインのバレンシアにあるリカルド・トルモ・サーキットで行われたプレシーズンテストの前夜に発表された新しいマセラティ ティーポ フォルゴーレは、歴史的な新時代の幕開けを迎えた2023年シーズンで実証されたレースでの勝利へのテクノロジーとともに、モータースポーツにおけるマセラティブランドの卓越した伝統と、革新的な電動化の旅が続くことを象徴する新たな美観を備えたマシンだ。

新たなカラーリングは、2030年までに100%電動化するマセラティのフォルゴーレモデルの特徴的な色調を想起させる、ラメフォルゴーレ(銅=コッパーの輝き)をリアにアクセントで配したものだ。ふたつの異なる要素を見事に融合させ、サーキットから公道まで、変わらないパイオニアとしての力強い存在感を放っている。

数多くの快挙を達成したマセラティ

フォーミュラEのシーズン9は、イタリアン・ブランドの世界選手権シングルシーター競技への復帰を意味し、マセラティは66年前にフォーミュラ1に参戦して以来、初めてのグリッド復帰となった。ポールポジション2回、表彰台4回、そして1957年のドイツGP以来となるマセラティブランドのシングルシーターレースでの歴史的勝利となるジャカルタでの優勝など、数々の快挙を達成した。

マセラティの代名詞であるブルーに注目したシーズン10のマセラティ ティーポ フォルゴーレのリベリーは、その意思の表れであり、未来を示唆するフォルゴーレカラー、コンテンポラリーなコッパーディテールを採用していることが特徴となっている。

レースでの性能はロードカーにフィードバックされる

フォーミュラEの画期的なGen3パッケージ(これまでのFE世界選手権で最速かつ最もエネルギー効率の高い車両)を使用したこの車両は、まさに電気自動車の性能におけるベンチマークだ。350kWの出力で最高速度は時速200マイル(約320km/h)を超え、600kWの回生ブレーキ機能により、レース中に使用される全エネルギーの40%が回生エネルギーでまかなわれる。レースでの経験が今後の公道走行用モデルの開発に引き継がれることから、フォーミュラEとマセラティMSGレーシングの活動は、マセラティの電動化の旅において重要な役割を果たす。

今回、初開催となる東京でのレースを含む全17戦で構成されるフォーミュラEのシーズン10は、シリーズ史上最大規模となる。プレシーズンテスト終了後の2024年1月13日にメキシコシティでの開幕を予定しており、新シーズンでの活躍が期待される。

AMWノミカタ

新カラーリングはマセラティブルーとコッパー(銅色)。フォルゴーレモデルをイメージしたラメフォルゴーレ(コッパーの輝き)をリアにアクセントで配している。マセラティの伝統のブルーがスポーツを、そしてラメフォルゴーレが電動化を象徴しているわけだが、そもそもコッパー(銅)は、電気伝導効率が高く、ケーブルに多く使われている金属である。銅の電気伝導率を100とした場合、ゴールドは75.8であるので、銅の方がより効率的であることがわかる。シルバーの電気伝導率は105.7とコッパーよりも上であるが、銅のほうが価格が安価で入手しやすい。モーターのコイルに銅線を使うこともあるだろうが、「電動化」を象徴するカラーとして銅色であることには理由があるのだ。

こんな記事も読まれています

中国製ハイパー4ドアの0−100km/h加速は2秒! 1035馬力で最高速は300キロの「ハイファイA」とは
中国製ハイパー4ドアの0−100km/h加速は2秒! 1035馬力で最高速は300キロの「ハイファイA」とは
Auto Messe Web
宇宙船みたいなフィアット・アバルト「750レコードカー」の最高速は190キロ! カルロ・アバルトの執念が詰まっていました【忘れじの車】
宇宙船みたいなフィアット・アバルト「750レコードカー」の最高速は190キロ! カルロ・アバルトの執念が詰まっていました【忘れじの車】
Auto Messe Web
マクラーレンとメルセデスのダブルネームの「SLR」なら8000万円オーバーの価値は十分にあり! 150台限定の「722エディション」なら安すぎる!?
マクラーレンとメルセデスのダブルネームの「SLR」なら8000万円オーバーの価値は十分にあり! 150台限定の「722エディション」なら安すぎる!?
Auto Messe Web
マセラティが美しい2ドアクーペを日本初公開! 魅惑的なルックスにイタリアの高級感&職人ワザが融合した新型「グラントゥーリズモ」の魅力とは
マセラティが美しい2ドアクーペを日本初公開! 魅惑的なルックスにイタリアの高級感&職人ワザが融合した新型「グラントゥーリズモ」の魅力とは
VAGUE
ポルシェ911 詳細データテスト 精密さ極まるシャシー レースカー並みの空力 積載能力はほぼ皆無
ポルシェ911 詳細データテスト 精密さ極まるシャシー レースカー並みの空力 積載能力はほぼ皆無
AUTOCAR JAPAN
かわいい「ワーゲンバス」でドラッグレース!? ゼロヨン13秒切りを達成できたのは2.3リッターのNAエンジンでした
かわいい「ワーゲンバス」でドラッグレース!? ゼロヨン13秒切りを達成できたのは2.3リッターのNAエンジンでした
Auto Messe Web
「エンジンのホンダ」は幻となった「スポーツ360」から始まった! 昭和のカリスマ本田宗一郎のスピリットとは?
「エンジンのホンダ」は幻となった「スポーツ360」から始まった! 昭和のカリスマ本田宗一郎のスピリットとは?
Auto Messe Web
3億6000万円で落札されたフェラーリ「F40」 クラシケも取得した素性の良い跳ね馬の市場価値を裏付ける1台でした
3億6000万円で落札されたフェラーリ「F40」 クラシケも取得した素性の良い跳ね馬の市場価値を裏付ける1台でした
Auto Messe Web
ヤマハ好きが高じてアバルトを購入!? MotoGPファンなので「595モンスター エナジー ヤマハ」を迷わず買っちゃいました
ヤマハ好きが高じてアバルトを購入!? MotoGPファンなので「595モンスター エナジー ヤマハ」を迷わず買っちゃいました
Auto Messe Web
ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】
ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】
Auto Messe Web
ピニンファリーナが手掛けたベントレーは7420万円! ワンオーナー走行距離741キロの「ターボR ドロップヘッドクーペ」とは
ピニンファリーナが手掛けたベントレーは7420万円! ワンオーナー走行距離741キロの「ターボR ドロップヘッドクーペ」とは
Auto Messe Web
ダンロップがサスティナブルタイヤをレーシングカート用に開発する理由は? グリップ力も耐摩耗性も向上しています
ダンロップがサスティナブルタイヤをレーシングカート用に開発する理由は? グリップ力も耐摩耗性も向上しています
Auto Messe Web
フェラーリオーナーへの近道は「348」しかない! ほぼ未使用車が1000万円以下の謎は右ハンドルだから!?
フェラーリオーナーへの近道は「348」しかない! ほぼ未使用車が1000万円以下の謎は右ハンドルだから!?
Auto Messe Web
ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます
ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます
Auto Messe Web
『ラ・フェラーリ』後継モデルはV6ハイブリッドの全輪駆動!? コードネーム「F250」の正体は
『ラ・フェラーリ』後継モデルはV6ハイブリッドの全輪駆動!? コードネーム「F250」の正体は
レスポンス
サーキット遊び車を「R33 GT-R」から「アバルト500」に乗り換え!「うまいこと操ってる感がいいんです」
サーキット遊び車を「R33 GT-R」から「アバルト500」に乗り換え!「うまいこと操ってる感がいいんです」
Auto Messe Web
価格は1400万円オーバー、テスラの新型「サイバートラック」がいよいよ納車開始! 軍や警察用途の可能性もあり?
価格は1400万円オーバー、テスラの新型「サイバートラック」がいよいよ納車開始! 軍や警察用途の可能性もあり?
くるくら
【最新スーパースポーツ試乗】MRグランツーリズモ、マセラティMC20チェロの洗練と情熱
【最新スーパースポーツ試乗】MRグランツーリズモ、マセラティMC20チェロの洗練と情熱
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

4件
  • DAISOミニ四駆の青がこんな感じだったな…
  • 10数年後。
    こりゃ、フォルゴーレじゃねえか
    出所は聞くな!2023年のフォーミュラEシーズン10の東京こいつは負けたんだ。だがこいつのせいじゃない。メカニックがヘボだったからだ。ふっふっふっふ、血が騒ぐなあ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村