サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「シビックタイプR」FF最速奪還の準備整う!? 今夏発売の新型どう進化?

ここから本文です

ホンダ新型「シビックタイプR」FF最速奪還の準備整う!? 今夏発売の新型どう進化?

■ついに新型「シビックタイプR」が登場! 2020年夏発売

 東京オートサロン2020のホンダブースでは、初公開されることが事前に発表されていた「シビックセダン/ハッチバック」の改良モデルに加え、シリーズのフラッグシップ「シビックタイプR」のマイナーチェンジモデルがサプライズ発表されました。

ホンダ「S2000」復活か!? ファンの声に応えた試作車を世界初公開へ

 シビックタイプRといえば、先代(FK2)からルノー「メガーヌR.S.」とFF最速争いを展開中ですが、現在はメガーヌR.S.がニュルブルクリンク北コース、鈴鹿サーキット、そして筑波サーキット2000のタイムを更新しています。

 もちろん、タイムは性能のひとつに過ぎませんが、FF最速を語る以上は避けて通れない道でしょう。

 一般的にはモデルライフ途中での改良の多くは、新鮮さをプラスすべく内外装の意匠変更などが中心となるケースが多いのですが、そこはタイプRです。

 関係者は「詳細は正式発表の際に…」と言葉を濁すため、筆者(山本シンヤ)が現行モデルとの違いを見える範囲でチェックしてみました。

 エクステリアの変更点は、フロントバンパー/リアバンパーのガーニッシュとフロントグリルです。バンパーガーニッシュはロー&ワイドのデザインをさらに強調するため、グリル開口部の拡大はズバリ冷却性能の引き上げです。

 じつは、現行モデルのシビックタイプRは、日本のサーキット走行時の冷却性がウィークポイントといわれており、この変更はそれに対する対処というわけです。これにより320馬力/400Nmのパフォーマンスをより安定して引き出せるはずです。

 タイヤ(245/35ZR20のコンチネンタル・スポーツコンタクト6)の変更はありませんが、アルミホイールから覗くブレーキディスクが1ピースから2ピースのフローティングタイプに変更(ドリルドディスクは廃止)されています。

 現行モデルでも十分な性能を備えていますが、ダイナミクスの進化のためだといえます。当然、ZF製電子制御アダプティブダンパーのセットアップもアップデートされているのは間違いないでしょう。

■運転支援システム「ホンダセンシング」搭載で安全性も向上

 窓越しにインテリアを見ると、ステアリングとシフトブーツがアルカンターラに変更されています。アルカンターラのステアリングは革巻きよりも滑りにくいため、より正確な操作が可能になるはずです。

 さらにシフトノブはより操作しやすいように丸型から専用形状に変更されています。どちらもドライバーが常に手に触れる部分だけあり、実際に使用したときの感触の違いは気になるところです。

 また、ステアリングスイッチとウィンドウのセンサーからわかるように、ホンダセンシングが追加されているのもポイントでしょう。筆者はこれまで国産スポーツモデルの安全支援デバイス採用率の低さが気になっていましたが、これは嬉しい変更です。

 新型シビックタイプRを舐めるようにチェックしていると、開発責任者(LPL)の柿沼秀樹氏に話を聞くことができました。「見えない進化に関しては追々」といいながらも、次のようにコメントしています。

「出力やトルクを上げることだけがパワーアップではなく、エンジンのポテンシャルをより引き出すことが重要です。そのひとつの答えが冷却性能の向上でした。

 シビックタイプRの改良は、機能が進化していかなければいけない必然性があります。走る、曲がる、止まるがさらに進化するので、ご期待ください」

※ ※ ※

 シビックとシビックハッチバックについては、2020年1月23日より発売されますが、シビックタイプRの発売は2020年夏の予定となります。

 気になるのはメガーヌR.S.とのFF最速争いです。ウワサでは、より走りに特化したカーボンパーツ採用の軽量バージョン仕様の存在も聞こえてきているので、シビックタイプRが王座を奪還する準備は着々と進められていると考えていいかもしません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します