サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FFモデル初のグラン クーペ。新型『BMW 2シリーズ グラン クーペ』が日本上陸

ここから本文です

FFモデル初のグラン クーペ。新型『BMW 2シリーズ グラン クーペ』が日本上陸

FFモデル初のグラン クーペ。新型『BMW 2シリーズ グラン クーペ』が日本上陸

 BMWは、プレミアム・コンパクト・セグメントにおけるBMW初の4ドアクーペとなる新型『BMW 2シリーズ グラン クーペ』を投入し、前輪駆動のモジュラーシャシーを使用する同シリーズにも初のグラン クーペをラインアップ。10月31日より受注を開始し、2020年4月以降にも順次デリバリーを始める。

 2012年に登場した6シリーズを皮切りに、4シリーズ、そして直近の8シリーズと勢力を拡大してきたサッシュレス・クーペの波が、いよいよコンパクトCセグメントにも波及。優雅なデザインとスポーティな走行性能に、4ドアならではの高い利便性の組合せを持つ“グラン クーペ”は、この新型『BMW 2シリーズ グラン クーペ』の登場により全セグメントのラインアップをカバーすることとなった。

フォルクスワーゲン、豪華装備満載の限定車『ゴルフ トゥーランTDIプレミアム』を発売

 この『BMW 2シリーズ グラン クーペ』は、先に登場した『BMW 1シリーズ』と同様、グループ傘下のMINIなどで活用されるFFモジュラー・アーキテクチャーを採用し、全長4526mm、全幅1800mm、全高1420mm(欧州参考値)という機械式駐車場にも入るコンパクトなボディサイズに、クーペモデルらしい滑らかなルーフラインを備えた、都会に映えるまったく新しいモデルとなっている。

 ブランドを象徴するキドニー・グリルは、クーペモデルの特徴であるワイドに伸びた幅広のデザインを採用するとともに、縦に格子状に配置されているキドニー・バーにはシルバーに黒のアクセントラインが細長く刻まれた、BMW初のデザインが採用された。

 一方、リヤには最新のデザインコンセプトを採用したL字型テールライトを装備し、サイドボディのプレスラインは陰影を際立たせ、クーペならではの機敏かつ優雅なスタイルを際立たせるなど、先進的かつ立体的な印象を与えるエクステリアとなっている。

 インテリアでは、6色に変更可能なライトが装備されたトリムや、オプションで10.25インチのフルデジタル・メーターパネル、10.25インチのコントロールディスプレイをラインアップ。
 また、4ドア化と前輪駆動の採用によって余裕ある室内空間を実現し、ボディサイズの近い『BMW 2シリーズ クーペ』比で約33mm後席の足元部分が拡大するとともに、ラゲッジルームも約40リッター拡大した最大430リッターの容積を確保し、高い利便性を得ている。

 その前輪駆動モデルの特性を活かすべく、『BMW 1シリーズ』で日本初導入となったARB(タイヤスリップ・コントロール・システム)も搭載。エンジン・コントロール・ユニットで直接スリップ状況を感知し、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)を経由することなく、以前より約3倍の速さでその信号を直接エンジンに伝達し、FF特有のアンダーステアを大幅に抑制した爽快なドライビングフィールを備えた。

 その他、レーン・チェンジ・ウォーニング、後部衝突警告機能、クロス・トラフィック・ウォーニング(リヤ)、アクティブPDC、スピード・リミット情報表示機能などを備えたドライビング・アシストを標準装備し、直近に前進した50mの軌跡を記憶して、後退する際にその軌跡通りにステアリング操作を自動で行う"リバース・アシスト"を備えたパーキング・アシストを全車に標準とするなど、先進安全装備でも最新の機能が備えられる。

 グレード展開は、1.5リッター直列3気筒直噴ガソリンターボ(140PS/220Nm)の218i系にトリム違いの3グレードを用意し、最高峰グレードとして306PS/450Nmの2リッター直列4気筒直噴ターボに、自慢のインテリジェント4輪駆動システム“BMW xDrive”を採用した"M235i xDriveグラン クーペ"も設定。価格は369万~665万円となっている。
BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します