サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ミシュラン 雨天に強いエコタイヤ「エナジー セイバー4」を発表! 快適性とウェット性能を向上

ここから本文です

ミシュラン 雨天に強いエコタイヤ「エナジー セイバー4」を発表! 快適性とウェット性能を向上

日本のユーザー満足度1位を目指して国内開発

 日本ミシュランタイヤは、「エナジーシリーズ」の新製品としてウェットブレーキング性能と快適性を向上させた低燃費タイヤ「ENERGY SAVER4(エナジー セイバー フォー)」を2020年2月1日より発売することを発表した。サイズは13インチから16インチまでの計23サイズをラインアップする。

空気圧管理だけでは防げない!タイヤが走行中に破裂してしまう原因とは

 ミシュランは、1993年に低燃費タイヤ「グリーンタイヤ」を発売。以後、時代と消費者のニーズに対応しながら進化を遂げてきた。新製品「エナジー セイバー4」は、従来の「エナジー セイバー プラス」の後継モデルとして、日本ミシュランにとって販売本数の3分の1を占める大きなボリュームゾーンに投入された。

 新縦溝構造、新採用アンダートレッドラバー、新配合コンパウンドなどにより、安全性・経済性・居住性を高い次元で両立。従来モデルと比較して雨天時のブレーキ性能は5.5%向上、2010年よりスタートしたタイヤラベリング制度では転がり抵抗性能”AA”は2サイズ、”A”が20サイズ(1サイズは申請中)、ウェットグリップ性能は”b~c”を実現している。

 ウェットブレーキ性能を高めるシリカ配合の新開発コンパウンドは、低燃費性能も両立。さらに耐摩耗性も考慮した配合が行なわれた。

 また、静粛性を高めるため、新たなトレッドパターンとアンダートレッドラバーを採用。具体的にはトレッドパターンは、縦溝の幅を最適化することでパターンノイズを低減。タイヤ幅185mm以下は、縦溝2本となる3リブパターン(下写真左)で、195mm以上は縦溝3本の4リブパターン(下写真右)とした。

 さらに軽自動車サイズは、ひと目でスリップサインの位置がわかるようにトレッド部にハイライトと呼ぶラインが備わるのも特徴だ。

 道路の路面が原因となるロードノイズは、アンダートレッドラバーをトレッド面とスチールベルトの間に挟み込んでいる。このラバーは、柔らかめのゴムでできており、路面からの振動を減衰させてスチールベルトに伝達させない仕組み。さらに、燃費に影響する発熱も抑えられている。

 このような改良によって、従来モデルよりパターンノイズは5%、ロードノイズは9%も低減され、車内での快適性もアップ。

 ちなみにミシュランのタイヤ開発は、アメリカとフランス、日本の3拠点で実施。このエナジー セイバー4の開発は、日本の道路に合わせて国内で設計されたそうだ。

「ミシュランにとって、市場規模は1位がアメリカ、2位が中国、3位が日本となっています。中国を除くアジア市場では50%が日本。ちなみに、販売されるのは日本以外に香港、台湾で、生産はアジアとなっています。エナジー セイバー4は大切な日本のマーケットでの満足度を1位を目指し開発しました」と日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は語った。 さらにエナジー セイバー4には、購入から60日間で性能が満足できなかったユーザーに「全額返金保証」や、パンクしたときにタイヤ1本を無償交換する「ミシュラン安心パン補償」(条件あり)が付く。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します