サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 栃木県茂木町で自動運転バス…コースに踏切 6月20日まで

ここから本文です
クルマ・バイク好きがめざすツインリンクもてぎや、真岡鐵道 真岡線の終着駅がある栃木県茂木町。この山間の街に、自動運転バスが走り出した。「栃木県ABCプロジェクト」の中山間地域実証実験で、2025年度に自動運転バス本格運行をめざす栃木県の“第一手”だ。

この「栃木県ABCプロジェクト 自動運転バスに乗ろう@茂木町」は、真岡鐵道の終着駅・茂木駅を中心に、道の駅もてぎ(所要時間10分)・ふみの森もてぎ(15分)を往復する全3.7kmのルート。6月6~20日の月曜をのぞく13日間、9~16時の間に1日5往復・10便で運行する。

おすすめのニュース

サイトトップへ