サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ヤマハファクトリーで最後のシーズンに臨むロッシ「チームも僕も準備はできているよ」

ここから本文です

MotoGP:ヤマハファクトリーで最後のシーズンに臨むロッシ「チームも僕も準備はできているよ」

MotoGP:ヤマハファクトリーで最後のシーズンに臨むロッシ「チームも僕も準備はできているよ」

 2月6日、ロードレース世界選手権MotoGPに参戦するモンスターエナジー・ヤマハMotoGPが、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで体制発表を実施した。会場で2020年型マシン『ヤマハYZR-M1』をお披露目。チームのライダーであるバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスとともに2020年のチャンピオン獲得を目指す。

 2020年のモンスターエナジー・ヤマハMotoGPのカラーリングは2019年を継承。ヤマハYZR-M1をはじめ、ピットボックス、レザースーツにはモンスターエナジーブラックからヤマハファクトリーレーシングのブルーへのグラデーションを織り込んでいる。

MotoGP:モンスターエナジー・ヤマハが20年型YZR-M1をお披露目。ロッシ、ビニャーレスの布陣はラストイヤー

 ライダーは、2019年に引き続きビニャーレスとロッシが参戦。ビニャーレスは、2017年にヤマハのファクトリーチームの一員となり、同年、ランキング3位を獲得。翌2018年はオーストラリアGPで優勝し、チームメイトのロッシ選手に5ポイント差で続くランキング4位と健闘した。さらに2019年にはオランダGPとマレーシアGPで優勝し、ランキングで再び3位を獲得している。

 ロッシは、2004年にファクトリーチームに加入して今年で15回目のシーズンを迎え、ヤマハで最も活躍したライダーだ。これまで、9回の世界チャンピオンを獲得しているが、ヤマハでは2004年、2005年、2008年、2009年と4回のチャンピオンに輝いており、2013年のヤマハ復帰から8年目を迎える今年は、ファクトリーライダーとして最後の年になるため、さらなる勝利への強い情熱をもってシーズンに臨むだろう。

 また2019年シーズン限りでMotoGPを引退したホルヘ・ロレンソは『ヤマハ・ファクトリー・レーシング・ テストチーム』のライダーとして、2月2~4日のシェイクダウンテストでは3年ぶりにヤマハYZR-M1を走らせている。

 ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングディレクターを務めるリン・ジャービスは、「2019年にメインスポンサーとなったモンスターエナジー社とのコラボレーションをより一層、拡大して昨年以上の成功をおさめるべく準備を整えている」

「私たちは新しいシーズンのスタートを楽しみにしており、必ずやすばらしい成果を達成できるものと信じている」と語った。

 またチームディレクターのマッシモ・メレガリは、「2019年末のバレンシアとヘレスのテストですでに、新シーズンへの方向性のヒントをつかむことができた。次のテストでは、これまでの成果を確認し、さらなる進化を目指し、3月には最高の状態でシーズン開幕を迎えたいと思う」と2月7日から始まるMotoGPセパンテストに臨むという。

 2020年シーズンを戦うビニャーレスとロッシもリラックスしていたオフシーズンから気を引き締めセパンテスト、そして開幕戦に向けた意気込みを語っている。
■マーベリック・ビニャーレス

 昨シーズンは終盤で非常に好調だったので、新しいシーズンのスタートが待ちきれないよ。今シーズンもまた、僕は多くの優勝とタイトル獲得を目指して戦っていく。もちろん、久しぶりのYZR-M1もとても楽しみだ。

 前回、ここマレーシアでの走行したのは2019年シーズンだったけど、そのときには優勝することができた。それがすばらしい思い出になっているし、セッティング面での重要なスターティングポイントでもあるから、テスト初日から成果をあげていきたいね。

 冬休み中も充実して過ごすことができたよ。フィジカルトレーニングとライディングに励み、心身ともに最高の状態だ。ハードワークを続け、開幕からすぐ目標に向かって集中していくことが求められているので、それを実行していくよ。

■バレンティーノ・ロッシ

 シーズン中の夏休みはあっという間に終わってしまったけど、オフシーズンの休みは、いろいろな意味でとても長く感じられるね。いずれにしても、今こうしてサーキットに戻り、また走れることをうれしく思う。オフシーズンの間にリラックスできたし、何度かイベントに参加して楽しむことができた。でもこれからは2020年シーズンに向けて気持ちを引き締める必要がある。

 今回のセパンテストでどんな成果が見られるのかとても興味深い。ヤマハが新たな試みをいくつか用意しているし、毎年、冬休み後のはじめての走行は特別で、とくに最初の数ラップは本当にすばらしいものなんだ。これからやるべきことは非常にたくさんあるけど、チームも僕も準備はできているよ。

■2020年型ヤマハYZR-M1画像ギャラリーはこちらから

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します