サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマ好きでも思い出せない! マイナーだけど見れば驚くほど「イケてる」国産中古クーペ4選

ここから本文です

クルマ好きでも思い出せない! マイナーだけど見れば驚くほど「イケてる」国産中古クーペ4選

 時代を先取りしすぎたモデルやアメ車感の強いモデルも存在!

 最近ではクーペの境界線が曖昧になりつつあり、4ドアクーペやクーペSUVなどクーペのバーゲンセールとも言える状態となっている。そもそもクーペというジャンル自体が明確な定義を持っていないという点もあるのだが、ほとんどがフロントシートをメインとして流麗なフォルムを持つものをクーペスタイルと呼んでいるようだ。

【昔のスポーツカーのほうがカッコイイとの声続出!】低いロングノーズのクルマが消えたワケ

 そこで今回はそもそもが曖昧なクーペのなかでも、さらにマイナーな存在かつカッコいいフォルムを持つ国産モデルをピックアップしてみたい。

 1)日産NXクーペ

 いまでは「NX」と言えばレクサスのクロスオーバーSUVを指すようだが、元祖NXといえば1990年に登場したNXクーペである。

 このモデルはサニーをベースとしたコンパクトクーペであり、デザインは北米の日産デザインセンターが担当。そこからも分かるように海外市場をターゲットとした車種となっていた。そのため、スポーツカーというよりはセクレタリーカーとして作られており、当時の日産車のなかではややマイナーな存在となってしまっていた。

 しかし、今見るとサニーの面影はまったく残らない(というか日産車っぽさもない)エクステリアは古さを感じさせず、やや時代を先取りし過ぎてしまった感があるほどだ。

 2)三菱エクリプス

 こちらもエクリプスクロスのほうが知られるところになってしまったが、元々は1990年に登場したクーペに付けられた名前が発祥となる。

 その元祖エクリプスは、当時の三菱とクライスラーで立ち上げた合弁会社ダイアモンド・スター・モーターズから誕生したモデルで、リトラクタブルヘッドライトをもち、のちにランエボにも積まれる4G63ターボ(NAもあり)を搭載した俊足クーペだった。

 日本には左ハンドルのまま国内法規に準じた改良だけがなされて販売されたが、そのアメ車感の強いデザインは三菱車とは思えないほどのものだったのだ。

 クーペ=スポーティなイメージを打ち砕いたモデルも!

 3)マツダMX-6

 最近では魂動デザインの評価が高いマツダだが、1990年代にもこれぞクーペと思える流麗なモデルをリリースしていた。それがMX-6である。

 当時のクロノス(カペラの後継セダン)をベースとして誕生したMX-6は、3ナンバーサイズの伸びやかなボディと小さめなキャビンを組み合わせたクーペの王道と呼べるスタイルをもっていた。

 しかしベースがクロノスということもあり、前輪駆動のみとなったことで、クーペ=スポーツカーというイメージが強かった当時は販売が思うように伸びず、登場から3年を待たずして姿を消すことになってしまった。

 一方、日本国外ではそのデザインが高く評価され、とくに北米ではコンバーチブルモデルのプロトタイプが制作されるなど高い人気を誇っていただけに、日本国内で短命に終わったのが残念な車種と言えるだろう。

 4)トヨタ・セプタークーペ

 これは番外編と言えるかもしれないが、クーペ=スポーティなイメージという概念を打ち砕いたモデルとして紹介したいのが、1993年に登場したセプタークーペだ。

 北米ではカムリとして販売されていたモデルを日本向けにリファインしたのがじつのところのセプターは、クーペのほかセダンとワゴンもラインアップ。当時のRVブームも手伝ってワゴンは比較的売れて街なかでも見ることがあったが、クーペはほとんど見ることはなかった。

 それもそのはず、クーペという名前にも関わらずセダンとほとんど同様の意匠を持ち、ただドアが2枚になっただけ。ある意味2ドアセダンと言ったほうがしっくりくる佇まいだったのだ。しかし、なぜかこのスタイルにアメリカを感じたこともまた事実。今見るとジワジワ欲しくなってしまうモデルなのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します