サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 売れ筋SUVの見た目が変化? 都会派からワイルド系へ回帰した背景とは

ここから本文です

■SUVなのにスポーティ? 都会派SUVの特徴とは

 2019年11月に発売されたトヨタの小型SUV「ライズ」は、日本自動車販売協会連合会が発表した2020年1月の登録車販売ランキングにおいて、販売台数1万220台を記録し1位を獲得。SUVとしては2年8か月ぶりの首位となりました。

トヨタ 新型SUV「ハイランダー」発売! RAV4の兄貴的存在がさらに格好良くなった!

 前回SUVで首位を獲得したのは2017年4月のトヨタ「C-HR」ですが、じつはこの間に国産SUVのトレンドは大きく変わったといいます。いったい、どのような変化があったのでしょうか。

 トヨタ「C-HR」は、2016年12月に発売された小型SUVです。

おすすめのニュース

サイトトップへ