サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1】レッドブル・ホンダを引っ張るマックス・フェルスタッペンの決意…「タイトルを獲るために、できることはすべてやる」

ここから本文です
今季F1のチャンピオン有力候補、レッドブル・ホンダのエースであるマックス・フェルスタッペンが日本メディア向けのインタビュー対応を行ない、王座争いに臨む決意、“後輩”である角田裕毅について、日本GPへの期待感などを語った。

今季2021年のF1世界選手権シリーズは、絶対王者ルイス・ハミルトン(メルセデス)と若き挑戦者マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の正面対決の様相で進んできている。5月2日決勝の第3戦ポルトガルGPを終えて、ハミルトンが2勝・2位1回、フェルスタッペンが1勝・2位2回という戦績だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン