サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデスの新EV 「EQA」を目撃? GLA風の偽装ボディをまとい充電中

ここから本文です

メルセデスの新EV 「EQA」を目撃? GLA風の偽装ボディをまとい充電中

EQAは2代目GLAがベース?

text:Greg Kable( グレッグ・ケーブル)

【画像】メルセデスEQAとGLA 全29枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


メルセデス・ベンツは電気自動車のサブブランド「EQ」へ、エントリーモデルの「EQA」を2020年に追加する予定だ。今回撮影されたEQAと思われるスパイ画像は、新しいGLAをベースにしていることを伺わせている。

スパイ画像は、ドイツ・シュツットガルトの地下駐車場でEV充電器に接続されている姿。このクルマが新しいGLAのプラグイン・ハイブリッドである可能性も否定できない。

2代目へとモデルチェンジを行うGLAは、EQAのような純EVにも適したベース構造が採用されると考えられる。SUVのようなルーフの高いクルマの場合、床下にバッテリーセルを収容しても、車内空間を大きく犠牲にすることはないためだ。

新しいGLAも、間もなく発表されるだろう。だがメルセデス・ベンツは、EQAをAクラスではなく、GLAの人気と実用性の高さを活かすことで検討している。

2017年のフランクフルト・モーターショーで発表されたコンセプトEQAは、3ドアハッチバックだった。しかし、2019年に発売されたEVのメルセデス・ベンツEQCはSUVモデル。GLBベースのEV、EQBも間もなく登場するだろう。

GLAがベースとなっているこのEQAと思われるクルマからは、コンセプトEQAとのつながりを感じ取れる。フロントグリルは塞がれ、ユニークなフロントデザインが与えられているようだ。フロントやリアのライト周りのデザインもほかとは異なる。

EV導入への真剣さを証明するEQA

メルセデス・ベンツは昨年、フランス・ハンバッハで純EVのEQAハッチバックを製造することを発表している。現在この工場ではスマートのEVモデルが製造されており、500万ユーロ(600億円)を追加投資している。

EQのエントリーモデルとなるEQAは、2020年の発売を予定。航続距離は400kmとされ、3万4075ポンド(477万円)のBMW i3とライバル関係となる。EQは2022年までに10車種を展開する計画となっており、その1つを構成する。

ダイムラーのCEOを努めていたディーター・ツェッチェは過去にこう話している。「EQのラインナップには様々なモデルが含まれる予定ですが、その1台はコンパクトカーになります」

メルセデス・ベンツは世界規模で工場の生産性の工場を図っている。フランス・ハンバッハの工場はEVに特化することになり、ガソリンやディーゼルエンジンモデルの生産体勢に影響を与えることなく、EVの生産台数増加も実現できる。

メルセデス・ベンツで生産部門を率いるマーカス・シェーファーによれば、「主要工場となるドイツ・ラシュタットと合わせて、世界規模でのコンパクトカー製造ネットワークの1つになる」 と、スマートを製造するフランスの工場を説明していた。

また、メルセデス・ベンツのセールスとマーケティングを取りまとめるブリッタ・シーガーは、「これ(EQA)は、フランスで製造される初めてのEQモデルとなります」 と話している。

ツェッチェは昨年、メルセデス・ベンツは電動化への取り組みを加速させると述べている。「EQAは、EQのモデル構成の中で、EVの導入に真剣であることを証明するものです」