サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ、「CX-3」を一部改良 内外装変更や快適装備追加 2.0Lガソリン廃止 エントリー価格は20万円値下げ

ここから本文です
 マツダは14日、「CX―3」を一部改良して11月下旬に発売すると発表した。内外装の変更や快適装備を追加した。ラインアップも見直し、特別仕様車「スーパーエッジー」を追加する一方、ガソリンエンジンモデルは排気量2・0リットルモデルを廃止。ディーゼルエンジンモデルは自動防眩ミラーなど一部装備を減らし、エントリー価格を従来モデル比で約20万円抑えた。

 特別仕様車「スーパーエッジー」はピラーから上部をブラックに塗装する2トーンカラーや内装の挿し色に赤銅色を採用するなどして上品さを演出した。ベース車を含めた改良では、新外板色となる「プラチナクォーツメタリック」を設定。

おすすめのニュース

サイトトップへ