サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ密着:「ポールを獲得する速さそのものがなかった」Q3ではグリップが低下、不安定なバランスに苦戦

ここから本文です
 シルバーストンの接触事故から2週間、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の戦いは、このハンガリーGPの予選でも激しく行われた。ただし、今回は接触することなく、コース上での駆け引きで行われた。

 予選はフェルスタッペンがQ1とQ2でトップタイムをマークしたものの、Q2のトップタイムはフェルスタッペンがソフトタイヤだったのに対して、ハミルトンはミディアムタイヤ。そのため、ポールポジション争いは、両者がともにソフトタイヤを履くQ3でのパフォーマンスにかかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン