サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機など国内9機関、農業用高性能ドローン開発 2023年度までに市販化へ

ここから本文です
ハイスペックドローン開発コンソーシアムは6月18日、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構/NARO)が推進する国際競争力強化技術開発プロジェクトの「安全安心な農業用ハイスペックドローン及び利用技術の開発」を受託したと発表した。

ハイスペックドローン開発コンソーシアムは、代表機関のヤマハ発動機をはじめ国内9つの企業・研究所で構成。同コンソーシアムでは、2023年度までに高いセキュリティ機能を有した高性能農業用ドローンの開発・市販化と、栽培管理技術の適用による収量向上(土地利用型作物で10%)の実証を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ