サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「横断歩道の斜め横断」は危険で高リスク 事故時、歩行者の過失割合が高くなることも

ここから本文です

「横断歩道付近」じゃないほうが、歩行者の過失が低くなるケースも

 横断歩道の手前で歩道から車道に出て、横断歩道の途中へ斜めに入っていく「斜め横断」。このような「正しくない横断」で自動車との事故が発生した場合、歩行者側にも過失が生じることがあります。

「ファミマ直結交差点」なぜできた? 専用右折レーン、店舗駐車場内で信号待ちも

 しかも、「横断歩道付近を横断中」の事故は、横断歩道から離れた場所を渡っていたケースよりも、歩行者の過失割合が高くなる場合があるそうです。損害保険大手の損保ジャパン日本興亜に詳しく話を聞きました。

おすすめのニュース

サイトトップへ