サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】あの頃のままだ……古巣復帰のロレンソ「ヤマハのバイクは僕にとって理想的」

ここから本文です

【MotoGP】あの頃のままだ……古巣復帰のロレンソ「ヤマハのバイクは僕にとって理想的」

【MotoGP】あの頃のままだ……古巣復帰のロレンソ「ヤマハのバイクは僕にとって理想的」

 2019年、3度のMotoGPチャンピオンであるホルヘ・ロレンソは、現役を引退。“常勝”チームのレプソル・ホンダへ加入したものの、ホンダ・RC213Vへの適応に苦しみ、度重なる怪我に苛まれての引退だった。

 しかし、引退したロレンソはMotoGPの世界へ留まる事をほのめかしていた。そして2019年1月末に、ロレンソが3度のMotoGPタイトルを獲得した古巣であるヤマハへ、テストライダーとして復帰することが発表された。

■「目標はタイトル奪還」2020年型マシンは、“速く強い”マシン作り目指す|ヤマハ開発リーダーに訊く

 2月2日からマレーシアのセパン・サーキットではシェイクダウンテストが行なわれたが、ロレンソは早くもヤマハのガレージへ姿を見せていた。そしてテスト3日目の4日(火)には、ヤマハのマシンに3年2カ月ぶりに跨がった。

「待ち望んだ日だったよ」と、ロレンソはテスト後に自身のソーシャルメディアで初日の印象を語った。

「バイクがこの3年間(ヤマハを離れていた期間)で変わっているか、強みを失っていないか……いくつかの事に少し不安はあったけど、そんなことは無かった。バイクの特性は以前と同じままだった」

「それには多くの強みがあるし、いくつかの弱みもあるけど、既に将来に向けて分析と改善を行なっている」

「乗ってすぐに、ヤマハのバイクが依然としてスムーズなエンジンを持っていて、ライダーのフィジカルにあまり厳しくない特性だと分かった。そして、僕のライディングスタイルにとってはそれが理想的で、バイクは(3年経った)今も理想的なままだった」

 最終的にロレンソはこの日46周を走行。トップタイムを記録したポル・エスパルガロ(KTM)から1秒差という位置でテストを終えた。

「バイクに乗るのは3カ月ぶり、ヤマハは3年以上乗っていなかったけど……それは長いブランクだ。だから走り始め(のペース)はゆっくりにする必要があった。でも走るたびにタイムを改善していったんだ」

「最終的に、トップからは1秒落ちだったけど、(自分がテストを開始して)1日目で、周回数があまり多くなかったにしては納得できるタイムだ」

「チームは完璧だし、バイクは今も競争力がある。僕はとてもハッピーな気持ちだ。そして僕ら皆で取り組んでいけば、さらに改善できると確信しているよ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します